11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

月末の小火騒ぎ(げつまつのぼやさわぎ)

2016年11月30日
今日昼間午後三時少し前に火災警報の鳴動があった。
「あぁ、いつもの誤報かいな」とのんびりしていた。
用事で2階から1階へ出荷用の小分けしたトリモリン(転化糖)
1kgを持って行くと、非常口からは自動音声の非常口案内の
アナウンスが流れ、非常口表示灯は、ストロボライトが
フラッシングしている。
2階へ戻り、別の出荷物、カスタードクリームを1階へ持って
行く。そしてエレベータを待っていると、3階から消火器の
消火剤にまみれた大量の番重が運ばれてきた。
「あー、やっぱり3階で何かあったんやー。」
あとで解ったのだが、3階でハンディーバーナーのボンベの
ガス抜きをしていてそこへ引火、小爆発があり、炎が天井面
のエアコン吸い込み口にも達したらしい。
1名が軽い火傷を負ったらしい。
夜、ごみ集めをし、1階のゴミ集積室へ行くと、溶けたエアコンの
吸い込み口のパーツが捨てられていた。
遅い昼休憩をしていた方に聞くと、4階の食堂に煙がやってきて、
別の階へ避難したそうな。この際、一番早く逃げたのは、
社員食堂に入っている外部(給食)業者の従業員だったそうです。
単なる区域鳴動ではなく、全館鳴動の際は、今後気をつけよう。
ガクガクブルブル
スポンサーサイト
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

タバコと菓子職人

2016年11月14日
二年ほど前からハロウィンの時期も仕事場、洋菓子工場は
忙しくなってきた。
日本(にほん)という国、国民は、いろいろなものを取り込むのが
好きなようで、ハロウィン以外にもかつては大阪および大阪周辺の
一地域の縁起担ぎ行事の節分の恵方巻きの丸かぶりが、今や
全国区になっている。さすがに広島の盆燈籠(ぼんとうろう)のように
ローカルに留まったままのものもありますが。
そうそう鹿児島では子どもの成長を祝う行事は、七五三よりも
七草祝(ななくさいわい)のほうがメジャーだったりする。
神戸の小学校で当たり前のように使われているノート、神戸ノート
(別称:関西ノート)というのも神戸限定です。
あぁ、前置きで大幅に脱線してしまった。(反省)

洋菓子製造工場では、10月末あたりから12月末までの期間限定で、
派遣会社経由のバイト要員の方がやってくる。わたくしのところにも
ひとり補充され、仕事が廻らなかった状況が改善され、やれやれと
いう状況になっていた。ところがです、こともあろうことに、他部署も
含め、計2名の派遣バイトが喫煙所以外のトイレで喫煙して11月
第一週にクビになった。昔の不良高校生ではあるまいしと思ったが、
実際に起った。他部署は補充の方が派遣会社からやってきたが、
わたくしのところにはこない。これからクリスマス向けの製品が、
冷凍倉庫保存半製品製造で忙しくなってくるのに、困ったもんだ。
まぁ、そのうち補充されるだろう。

勤務していて思うことがある。菓子職人は味に敏感でなければ
ならないから、喫煙者はほとんどいないだろうと思っていたのが、
ことごとく裏切られてしまった。結構喫煙者がいる。
わたくしが経営者だと、喫煙者は絶対に雇わない。
しかし、現実は違う。
アメリカでは、喫煙者は出世しないという。
日本(にほん)の菓子職人の世界では、喫煙、非喫煙は関係ない
らしい。
(実際には喫煙者の味覚は、非喫煙者より劣る。この辺は職場でも
経験した。)

かなり前、高校生のときに菓子製造工場でバイトしていたことが
あった。そのころにくらべて、現在の洋菓子工場の半製品の冷凍
保存の多いこと。タバコとは関係ないが、喫煙者の多さ以外に
冷凍保存の多さにもびっくりした。

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

お知らせ~ファイル等のリクエストについて~

2016年10月10日
こんにちは

今年の夏から初秋にかけ、PCが立て続けに複数台壊れてしまいました。
Internet Archive Wayback Machine も含め、ネット上から消滅し現在
ダウンロード出来ないファイル類のリクエストをたまにいただきますが、
今は応えることが出来ません。

生業の繁忙期を迎え、HDDの取り出し、データの吸い上げ等の作業が
時間的余裕がなく、しばらくは出来ません。
すみません。ペコリ

挨拶 | コメント(0) | トラックバック(0)

掃き溜めの街、尼崎(あまがさき) その1

2016年09月23日
この街、尼崎はロクでもない。

いつごろかな、1998年あたりに隣りに老朽化した
文化住宅があった。その2階に第二次世界大戦末期
に特攻隊員であったが、攻撃予定日の前に8月15日を
迎えた建具職人の方が住んでいた。
こちら近畿地方でいうところの文化住宅は、単に
トイレと台所が共用でないものを指し、風呂はない。
このころは銭湯があり、この方も入浴は銭湯でして
いた。もともと心臓、循環器系の持病があり、銭湯
からの帰りに、心臓麻痺で亡くなった。所持品は
入浴用品、着替え済み衣服の他、お金が抜き取られた
財布があったらしい。道で体調が悪くなり倒れている
者がいても、救急車を呼ぶなどせず、お金を抜き取る
泥棒がいる街が尼崎なのだ。
地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)

ごうつくババアの成れの果て

2016年09月08日
Windows 95 がまだ発売されておらず、プリンター内臓型の日本語ワード
プロセッサー機が繁栄していた頃、遠縁のばあさんにいいように使われて
いた。

もう死語となっているベンリー君のように、「○○の使い方教えて。今度○○
が欲しいんだけど、どこのメーカーがおすすめ?ビデオ(VTR)の操作がしずらい
けど、何とかならない?」などなど、言われる度に訪問し、使い方を説明し、
使いやすい接続、セッティングをしたりとかしていた。ワープロの使い方なんか、
累計200時間くらいしたかも。
金持ちなのに、人を下僕のように使う。ああそうか、業者に依頼したり、教室に
行くとそれなりの料金が掛かるのを、ほぼタダでさせたかっただけなんやー。
と、だいぶしてから、アホらしくなり、わざと疎遠になるようにした。
今はボケ老人となり、子や孫に家で面倒をみてもらうこともなく、施設に収容
されているそうな。

人にしてもらってばかりいて、たまにはお返しをしようとか一切思わない人間に
だけはなりたくない。

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »