FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

今朝の地震

2018年06月18日
あぁ、びっくりした。
今朝午前8時前、7時58分の地震には驚いた。
揺れている間、しばらくは動けなかった。

1995年の地震も経験しているが、今回のは揺れがひとまわり程
弱かったように思う。弱いと言っても震度5-を記録しているので、
強めの地震、揺れだったのには違いない。

1995年は、縦揺れも凄くて、もちろん横揺れもきつかった。
今回のは、縦揺れはさほどでない代わりに、横揺れが目立つ揺れ
だった。

ここのところ、当地、阪神地域は地震がないなと思っていたら、
来た。
日本(にほん)は地震列島であることをしっかり身に、こころに
焼き付けないといけないと再認識した。

「災いは忘れた頃にやってくる」

家の外回りも見たが、阪神淡路大震災のときに入ったひび割れが、
補修跡が、さらにヒビが拡がっていた。
仏壇は倒れなかったが、中のものが倒れ、散らばったりしていた。

NTT西の固定電話回線は、アナウンスが流れ実質不通状態、
ソフトバンクは、アナウンスすら流れず、掛けることは不能、
鹿児島からソフトバンク宛ての携帯回線はつながり通話出来た。
携帯メール、インターネットは生きている。
阪神淡路大震災ほどではないが、弱い余震が来ています。


*2018年6月18日(月) AM9:25
お墓が大丈夫か見に行ってきました。
大丈夫でした。
ただJR東海道本線沿いの道路に、多分務め先へ向かうであろう
多くの人が、歩いていた。スマホをいじくり、連絡をしながらと
いう人も目立った。
現在、当地(阪神地域)も含め、いわゆる震源地の大阪府北部の
箕面市(みのおし)を中心とした広い範囲は鉄道は全部不通に
なっています。
NTT西日本の固定電話回線から携帯へはつながるようになり
ましたが、ソフトバンク携帯回線からは、アナウンスが流れ、
掛けることは出来ません。

*2018年6月18日(月) AM9:55
通信関連では、現在ソフトバンクから掛けることのみ不能で、
それ以外は、正常です。あかんねぇ、ソフトバンク。
(他から掛かってきたのをソフトバンクで受けることは可能。)

スポンサーサイト
災害 | コメント(0) | トラックバック(0)

長周期地震動

2016年04月15日
本日20時26分頃から数分間、天井近くからぶら下げているものが
ゆっくりと揺れました。ほとんど体感できず、ものが揺れ動いていて
はじめて気づきました。
これが長周期地震動なのかは、わかりません。

熊本地震の余震と関係あるかもと調べましたが、発生時刻につながりは
なく、まったくもってわからず、不気味です。

昨日昼前、作業しながら暑いので、パートの方と、昔から暑くなるのは
地震の前触れとかあるから、こわーと話していました。
地震列島の日本は、どこかで地震があるのが日常茶飯事なので、
虫の知らせや予感ではなく、たまたまだと思います。
予知なんて出来ないです。
あとから、予知していたが混乱するので黙っていたとかうだうだ言う
輩(やから)はいますから。

災害 | コメント(0) | トラックバック(0)

桜島大正大噴火から101年

2015年08月15日
鹿児島にいたころ、埋没鳥居を見物に出掛けたり、JRの
指宿枕崎線のそばまで火山灰堆積地の崖がせまっていて
これが原因でのがけ崩れ不通とか、過去の火山活動の
すさまじさを体験できた。
家(鹿児島に居住していたころの家)の2階からは、
錦江湾(鹿児島湾)に浮かぶ桜島と谷山港が見え、
とてもすばらしいロケーションだった。

ことしで大正3年(1914)の大正大噴火から101年後に
なるのだが、まさか今日8月15日(土)に火山に関する
警報が発令されるとは思ってもみませんでした。
あの阪神大震災を経験したにもかかわらず、ビビリ
なので鹿児島にいるころ、たびたび火山弾がこちらに
飛び散って迫ってくる夢をみた。それも生々しい
カラー映像で…。
正夢にならないことを願いつつ、「災いは忘れたころに
やってくる」を常にこころに留め、いざというときの準備と
いうか心構えだけは持ち続けていただきたい。
こんなありきたりのことしか言えない情けない自分がいた。


災害 | コメント(0) | トラックバック(0)

緊急地震速報

2013年04月15日
緊急地震速報 - ラジオが早かった

4月13日土曜日早朝の地震にはびっくりした。
ラジオ(AM)をつけっぱなしにしていたので、いきなりの警報音で
身構えることが出来た。
2~3秒後に揺れ始めた。
揺れ始めてから2~3秒後に携帯の緊急地震速報メール受信の
警報音が鳴った。

TV(地上デジタル)だと、デジタル処理のタイムラグがあるので、
震源地から近いところでは、AMラジオ放送の緊急地震速報が
一番早いのではないか。

アナログの生き残りの中波ラジオ放送が真価を発揮するとは、
ある意味爽快な出来事、体験だった。

「ラジオはみんなの友だち」
災害 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |