03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

exFAT file system driver for Windows XP (KB955704)

2017年02月13日
Windows XP をSDXCカード等で使われている「exFATファイルシステム」
に対応させるアップデートパッチも、例のごとくマイクロソフト社から
現在ダウンロード出来ません。Internet Archive Wayback Machine に
保存されています。

赤色のリンクからダウンロードしてください。


exFAT file system driver for Windows XP (KB955704)
(Microsoft Download Center)

日本語版
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=1cbe3906-ddd1-4ca2-b727-c2dff5e30f61&DisplayLang=ja
https://web.archive.org/web/20090130011159/http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=1cbe3906-ddd1-4ca2-b727-c2dff5e30f61&DisplayLang=ja
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=19364
https://web.archive.org/web/20160122015337/http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=19364
WindowsXP-KB955704-x86-JPN.exe
http://download.microsoft.com/download/F/4/2/F420EB1B-9C04-4B40-9424-5C4593628479/WindowsXP-KB955704-x86-JPN.exe
https://web.archive.org/web/20130502103055/http://download.microsoft.com/download/F/4/2/F420EB1B-9C04-4B40-9424-5C4593628479/WindowsXP-KB955704-x86-JPN.exe

英語版
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=1cbe3906-ddd1-4ca2-b727-c2dff5e30f61&DisplayLang=en
https://web.archive.org/web/20090131201403/http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=1cbe3906-ddd1-4ca2-b727-c2dff5e30f61&DisplayLang=en
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=19364
https://web.archive.org/web/20160127013130/http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=19364
WindowsXP-KB955704-x86-ENU.exe
http://download.microsoft.com/download/A/6/E/A6EFFC03-F035-4604-9FB0-3B8169ED6BB6/WindowsXP-KB955704-x86-ENU.exe
https://web.archive.org/web/20150602150445/http://download.microsoft.com/download/A/6/E/A6EFFC03-F035-4604-9FB0-3B8169ED6BB6/WindowsXP-KB955704-x86-ENU.exe


KB955704
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/955704/
http://support.microsoft.com/kb/955704/ja
https://web.archive.org/web/20090130011159/http://support.microsoft.com/kb/955704/ja
https://support.microsoft.com/en-us/help/955704/
http://support.microsoft.com/kb/955704/en-us
https://web.archive.org/web/20090202073512/http://support.microsoft.com/kb/955704

スポンサーサイト
WINXP | コメント(0) | トラックバック(0)

Image Mastering API v2.0 (IMAPIv2.0) for Windows XP (KB932716)

2017年02月06日
ここのところ、Windows XP 関連のファイルがマイクロソフトのサイトから
どんどん消滅しています。

タイトルの Image Mastering API v2.0 (IMAPIv2.0) for Windows XP (KB932716)
なんかもそのうちの一つです。
例のごとく、ネット検索と、Internet Archive Wayback Machine とを駆使して
インターネットサルベージしました。時間がなく、クリックでダウンロードではなく、
URL を平文(ひらぶん)で載せました。そのうちリンク表示にしたいと思っています。
すみませんが、コピー&ペーストにて、ファイルをダウンロードしてください。

いろいろ調べてみると、「Microsoft Knowledge Base Article: KB932716」の
ページ左上にダウンロードのリクエストボタンがありました。ここからファイルを
確保することも可能です。


方法1
Internet Archive Wayback Machine に保存されているファイルをダウンロード。
(赤字のURLをコピー&ペーストしてダウンロードする。)


方法2
「Microsoft Knowledge Base Article: KB932716」のページ左上のダウンロードの
リクエストボタンから、MS にメールアドレスを通知し、リンク付きのメールを貰う。
(青字のURLをコピー&ペーストしてファイルのリクエストをする。)



日本語版
Windows XP 用 Image Mastering API v2.0 (IMAPIv2.0) (KB932716)
(Microsoft Download Center)
https://web.archive.org/web/20151022235415/http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17073
WindowsXP-KB932716-v2-x86-JPN.exe
https://web.archive.org/web/20130920150326/http://download.microsoft.com/download/1/d/b/1dbc80f3-c4b1-469e-827e-c2a8185f0c95/WindowsXP-KB932716-v2-x86-JPN.exe

英語版
Image Mastering API v2.0 (IMAPIv2.0) for Windows XP (KB932716)
(Microsoft Download Center)
https://web.archive.org/web/20160105135452/http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=17073
WindowsXP-KB932716-v2-x86-ENU.exe
https://web.archive.org/web/20151006211426/http://download.microsoft.com/download/3/a/2/3a2deb62-2bc7-4069-aae5-55eadf9927a1/WindowsXP-KB932716-v2-x86-ENU.exe

KB932716
https://web.archive.org/web/20101130124826/http://support.microsoft.com/kb/932716/ja
https://web.archive.org/web/20100317123335/http://support.microsoft.com/kb/932716/


*「Microsoft Knowledge Base Article: KB932716」のページ左上に
ダウンロードのリクエストボタン(「修正プログラムのダウンロード」、
または「Hotfix Download Available」)がありますので、ここからマイクロ
ソフトにメールアドレスを入力通知し、ファイルのダウンロード先URLの
載ったメールを貰い、自己展開型圧縮ファイルをダウンロードする方法も
あります。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/932716/
https://support.microsoft.com/ja-jp/hotfix/kbhotfix?kbnum=932716&kbln=ja-jp
https://support.microsoft.com/en-us/help/932716/
https://support.microsoft.com/en-us/hotfix/kbhotfix?kbnum=932716&kbln=en-us
目的のOS、言語用のリストが表示されないときは、「すべての環境、
言語用の修正プログラムを表示する」、または「Show hotfixes for all
platforms and languages」をクリックしてください。


*ごにょごにょ
青字のダウンロードのリクエストサイトのURL中、「kbnum=」のあとの
数字を既知の Microsoft Knowledge Base Article ID Number に変えて、
任意のファイルリクエストが出来る場合もあります。

WINXP | コメント(2) | トラックバック(0)

Microsoft Update の不具合

2015年03月15日
ご無沙汰しています。(ペコリ)
現在、生活保護世帯以下の収入(賃金)にて、しんどいながら生きて
います。(自爆)
愚痴はさておき...。

Windows Embedded POSReady 2009 に偽装の Windows XP において、
Microsoft Update がエラーが出てうまくいきません。3月11日(水)から
12日(木)にかけてのことです。12日中には、問題は出なくなりました。
偽装していない XP はもとより、現在サポート期間中の Windows Server
2003 も同様に不具合が生じていたようです。(どうしたらいいものかと
調べていたら寝不足に。12日(木)の勤務しんどかった。)

Internet Explorer で Microsoft Update サイトに行き、アップデート
しようとしても「エラー番号 0x80248015」が表示され、先に進めない
というものです。ネット検索したら過去(2014年11月)にも起こっていた
ようです。
Microsoft の過去発売の製品に対するサービス姿勢は、わざと
お粗末にし、買い換えを促進しているのでしょうか。(もちろん皮肉です)

山市良のえぬなんとかわーるど: ここ数日 2003/XP で Microsoft Update
が 0x80248015 な問題 (11/27 に解消)
http://yamanxworld.blogspot.jp/2014/11/2003xp-microsoft-update-0x80248015.html

山市良のえぬなんとかわーるど: Microsoft Update が 0x80248015 な
問題が再発か? (XP/2003 のみ)
http://yamanxworld.blogspot.jp/2015/03/microsoft-update-0x80248015.html

WINXP | コメント(0) | トラックバック(0)

Microsoft Security Essentials 4.5.216.0 の 対XP地雷(時限爆弾)

2014年09月28日
*2014年6月20日(金)に掲載予定のまま掲載しなかったものを、
掲載しました。

MSE 4.5.216.0 を XP で使い続ける場合、うるさい警告表示等をなくし、
緑色の表示にするための方法は、以前の記事に書きました。
(「msseces.exe」を、Version 4.4.304.0 のものに置き換え)
しかし、肝心なことを忘れていました。約1年後に OS 判定機能が発動し、
機能しなくなることを。

試しに、PC内臓時計を1年進めてみました。1年後の2015年6月20日は、
XP向けにまだ定義ファイルが提供されているはずなので問題は出ない
だろうと思いきや、サービスが停止し、MSEが正常に機能していません。
来年の6月何日あたりでおかしくなるかまでは、試していませんが、
どうにかしないと…。
(Windows Embedded Standard 2009 に偽装していても同じように
おかしくなる。)

Version 4.5.216.0 をアンインストールし、4.4.304.0 をインストール、
そして、Microsoft Update に引っ掛からないよう、バージョンの
レジストリ項目を 4.5.216.0 に偽装したものを用意し、同じように
時計を進めてみました。
2015年10月20日にしましたが、問題なく機能しています。
「更新」タブを開くと、「お使いのウイルスおよびスパイウェアの定義は
最近更新されていません。PC を保護するため、今すぐ更新してください。」
と表示されるだけで、普通に動作しています。

XP に対する地雷というか、時限爆弾は、Version 4.4.304.0 には含まれて
いないようです。

現時点で MSE はどのバージョンのを使うのがいいのかわからなくなって
きました。(う~ん)

WINXP | コメント(0) | トラックバック(0)

Windows XP の延命 Part2 (実験レポート風)

2014年05月22日
Microsoft Update の「優先度の高い更新プログラム」に「Windows XP のサポート
終了のお知らせ (KB2934207)」と「Update for Microsoft Security Essentials
- 4.5.216.0 (KB2949787)」が出現することへの対応


画像1 - クリックで拡大
画像1 (画像クリックで拡大)


すんなり適用すると、こんな具合になってしまいます。(画像2)


画像2 - クリックで拡大
画像2 (画像クリックで拡大)


適用しないで、これら2つの項目を Microsoft Update の非表示にしても、
「重要:重要な更新プログラムが非表示に設定されました」という表示が
出続けます。(画像3)


画像3 - クリックで拡大
画像3 (画像クリックで拡大)



どうしよう?

実際にいろいろ実験、考察すると次のことがわかりました。

◎「Windows XP のサポート終了のお知らせ (KB2934207)」を適用(インス
トール)せずに、Microsoft Update の候補にならないようにするには、
「C:\WINDOWS\system32」フォルダ内に KB2934207 の実体ファイルの
「xp_eos.exe」があればよい。
(レジストリ項目のあるなしは関係なく、「xp_eos.exe」の有無で判断・
判定しているようです。)

◎Microsoft Security Essentials 4.4.304.0 のまま、レジストリの
バージョン項目を Version 4.5.216.0 のものに偽装すると、Microsoft
Update の候補にならない。

MSE_Version_4.5.216.0.reg
----------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Microsoft Security Client]
"VersionMajor"=dword:00000004
"VersionMinor"=dword:00000005
"Version"=dword:040500d8
"DisplayVersion"="4.5.216.0"

----------

◎Microsoft Security Essentials 4.5.216.0 にバージョンアップし、
「C:\Program Files\Microsoft Security Client」フォルダ内の
「msseces.exe」を、Version 4.4.304.0 のものに置き換えると、画像4
のような表示は出なくなり、正常な表示(画像5)になる。
(「msseces.exe」はロックがかかっており、「SRCpy」や Windows 2000
Resource Kits の「Inuse.exe: File-In-Use Replace Utility」を使い
置き換えします。)


画像4 - クリックで拡大
画像4 msseces.exe 4.5.216.0 のまま (画像クリックで拡大)

画像5 - クリックで拡大
画像5 msseces.exe 4.4.304.0 に置き換え (画像クリックで拡大)



--- 状態1 ---

「Windows XP のサポート終了のお知らせ (KB2934207)」と「Update for
Microsoft Security Essentials - 4.5.216.0 (KB2949787)」どちらも
適用(インストール)していないとき。

1. 「xp_eos.exe」を「C:\WINDOWS\system32」フォルダ内にコピーする。
2. Microsoft Security Essentials 4.5.216.0 にバージョンアップし、
「C:\Program Files\Microsoft Security Client」フォルダ内の
「msseces.exe」を、Version 4.4.304.0 のものに置き換えます。


--- 状態2 ---

「Windows XP のサポート終了のお知らせ (KB2934207)」と「Update for
Microsoft Security Essentials - 4.5.216.0 (KB2949787)」を適用
(インストール)してしまって、警告表示がうるさいとき。

1. 「C:\WINDOWS\system32\xp_eos.exe」を任意の場所にコピーします。
2. 「Windows XP のサポート終了のお知らせ (KB2934207)」をアンインス
トールします。
(C:\WINDOWS\$NtUninstallKB2934207$\spuninst\spuninst.exe を実行)
3. 手順1 で保存した「xp_eos.exe」を「「C:\WINDOWS\system32」
フォルダ内にコピーします。
4. 「C:\Program Files\Microsoft Security Client」フォルダ内の
「msseces.exe」を、Version 4.4.304.0 のものに置き換えます。


--- 状態3 ---

(警告表示が頭にきたので) 「Windows XP のサポート終了のお知らせ
(KB2934207)」と、「Microsoft Security Essentials 4.5.216.0」とも
アンインストールしてしまったとき。

1. 「xp_eos.exe」を「C:\WINDOWS\system32」フォルダ内にコピーします。
2. Microsoft Security Essentials 4.4.304.0 をインストールします。
3. 続いて、Microsoft Security Essentials 4.5.216.0 を(アップデート)
インストールします。
(*XP の場合、Microsoft Security Essentials 4.5.216.0 を新規インス
トール出来ないので、このような手順が必要になります。)
4. 「C:\Program Files\Microsoft Security Client」フォルダ内の
「msseces.exe」を、Version 4.4.304.0 のものに置き換えます。



--- 作業で必要になるファイル類の準備 ---

Microsoft Security Essentials 4.4.304.0
32bit 日本語
http://web.archive.org/web/20140331132926/http://download.microsoft.com/download/6/B/A/6BA6CAB0-DDB8-4DDD-88E3-F707D96E84D7/JAJP/x86/MSEInstall.exe
64bit 日本語
http://web.archive.org/web/20140122131235/http://download.microsoft.com/download/6/B/A/6BA6CAB0-DDB8-4DDD-88E3-F707D96E84D7/JAJP/amd64/MSEInstall.exe
32bit 英語
http://web.archive.org/web/20140325144125/http://download.microsoft.com/download/A/3/8/A38FFBF2-1122-48B4-AF60-E44F6DC28BD8/ENUS/x86/MSEInstall.exe
64bit 英語
http://web.archive.org/web/20140405123118/http://download.microsoft.com/download/A/3/8/A38FFBF2-1122-48B4-AF60-E44F6DC28BD8/ENUS/amd64/MSEInstall.exe

Microsoft Security Essentials 4.5.216.0
32bit 日本語
http://download.microsoft.com/download/6/B/A/6BA6CAB0-DDB8-4DDD-88E3-F707D96E84D7/JAJP/x86/MSEInstall.exe
64bit 日本語
http://download.microsoft.com/download/6/B/A/6BA6CAB0-DDB8-4DDD-88E3-F707D96E84D7/JAJP/amd64/MSEInstall.exe
32bit 英語
http://download.microsoft.com/download/A/3/8/A38FFBF2-1122-48B4-AF60-E44F6DC28BD8/ENUS/x86/MSEInstall.exe
64bit 英語
http://download.microsoft.com/download/A/3/8/A38FFBF2-1122-48B4-AF60-E44F6DC28BD8/ENUS/amd64/MSEInstall.exe

Inuse.exe: File-In-Use Replace Utility
Inuse.exe: 使用中ファイルの置き換えユーティリティ
http://download.microsoft.com/download/win2000platform/inuse/1.0/NT5/EN-US/inuse.exe
「Explzh」等のアーカイバソフトで順に抽出
inuse.exe >> inuse.msi >> inuse.cab >> inuse.exe

msseces.exe Version 4.4.304.0
(どの言語版のものであってもこのファイルは英語)
上記の Version 4.4.304.0 のインストーラー MSEInstall.exe
「Explzh」等のアーカイバソフトで順に抽出
32bit
MSEInstall.exe >> epp.msi (x86ディレクトリ内) >> product.cab >> msseces.exe
64bit
MSEInstall.exe >> epp.msi (amd64ディレクトリ内) >> product.cab >> msseces.exe

xp_eos.exe
WindowsXP-KB2934207-x86-JPN.exe
http://download.windowsupdate.com/msdownload/update/software/crup/2014/03/windowsxp-kb2934207-x86-jpn_2b1ed0e098973720e4016e3ce77eb5345413bfc8.exe
WindowsXP-KB2934207-x86-ENU.exe
http://download.windowsupdate.com/msdownload/update/software/crup/2014/03/windowsxp-kb2934207-x86-enu_a47ce3bac240b6d955918ffdeef415a32fec6681.exe
「 /x」スイッチ付でファイルを展開 >> xp_eos.exe


--- 「msseces.exe」の置き換え ---

「作業で必要になるファイル類の準備」で得た「msseces.exe」と、
「inuse.exe」を同じフォルダ内にコピーします。
同じフォルダ内に、下記のバッチファイルを作り、実行します。
(再起動あり。再起動後に置き換えが完了します。)

443040.cmd
----------
@echo off
inuse msseces.exe "C:\Program Files\Microsoft Security Client\msseces.exe" /y
shutdown /r /f /t 10 /c "ファイル入替え作業を完遂するため、10秒後にPCを再起動します。"

----------

他に「inuse.exe」を使わずに、「SRCpy」を使ってもファイル置き換え作業が
出来ます。


*2014年5月22日(木) 以下追記
「◎Microsoft Security Essentials 4.4.304.0 のまま、レジストリの
バージョン項目を Version 4.5.216.0 のものに偽装…」について、
Version 4.5.216.0 に偽装している状態で、Version 4.5.216.0 にアップ
デートしようとすると、画像6 のような警告が出てアップデート出来ません。
一旦、レジストリの項目を本来のバージョンに戻してからアップデートします。

MSE_Version_4.4.304.0.reg
----------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Microsoft Security Client]
"VersionMajor"=dword:00000004
"VersionMinor"=dword:00000004
"Version"=dword:04040130
"DisplayVersion"="4.4.304.0"

----------

画像6 - クリックで拡大
画像6 Version 4.5.216.0 偽装のままアップデートしようとすると (画像クリックで拡大)

〔「msseces.exe」の置き換え〕について
ロックされている「msseces.exe」を置き換える方法に、「inuse.exe」による
ものの手順や、他に「SRCpy」によるものがあることを書きました。
なんてことはない、「タスク マネージャ」の「プロセス」タブで、「msseces.exe」を
選択し、「プロセスの終了」をすれば、自由にファイルをいじくることが出来ます。
「灯台下暗し」とはこのことなのかなぁ。反省

Microsoft Security Essentials 4.4.304.0 英語版 から、Version 4.5.216.0 日本語版
へのアップデートは、画像7 の警告が出てアップデート出来ません。

画像7 - クリックで拡大
画像7 4.4.304.0 英語版 から 4.5.216.0 日本語版 へアップデートしようとすると (画像クリックで拡大)

Microsoft Security Essentials がアンインストールされ、PC に存在しない場合、
Microsoft Security Essentials 4.5.216.0 を、XP に新規インストールしようと
すると、画像8 の警告が出てインストール出来ません。
本文中に記載の方法で、インストールします。

画像8 - クリックで拡大
画像8 XP では、Version 4.5.216.0 の新規インストールは出来ません (画像クリックで拡大)

Microsoft Security Essentials をアンインストールするには、「コントロール
パネル」、「プログラムの追加と削除」から「Microsoft Security Essentials」を
選択し、削除する方法以外に、直接
「"C:\Program Files\Microsoft Security Client\Setup.exe" /x」の実施や、
Microsoft Security Essentials のインストーラー「MSEInstall.exe」にアンイン
ストール機能のスイッチを付けた「MSEInstall.exe /u」の方法があります。

数日前にエンジンファイルがバージョンアップしたのに、相も変わらず定義ファイルの
更新が通常の方法では遅いです。この辺のことについて、過去の記事「Microsoft Security
Essentials の定義ファイル更新の動作が遅い」の内容に若干の不備があります。
近日中に「Microsoft Security Essentials の定義ファイル更新の動作が遅い その2」を
作成したいです。

WINXP | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »