05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ミックスジュースについて考える

2016年02月28日
昔の大阪のミックスジュースは、バナナ、みかん缶、リンゴ、砂糖、氷、牛乳が
ほぼ定番のレシピだった。(さらに白桃の缶詰を入れることも)
しかし、いくら工夫してももっさりしていて、爽やかさがないというか、味が洗練
されない。そこで、何が足を引っ張っているのだろうと回転のよくない頭で考えてみた。
リンゴはすぐに酸化する。よって排除。
ミカンの缶詰は、味の自己主張が強い。よってこれも排除。
バナナと砂糖、氷、牛乳だけでは物足りないし、何かアクセントが欲しい。
そうだ、ミクスジュースのベースとなるものを作ろう。
ベースさえしっかりしていると、特にクセの強いフルーツでない限り、
応用が効くはずだ。
爽やかさ...。あっ、パインアメというのがあるなぁ。ライオネスコーヒーキャンディーと
双璧をなす、クラシカル飴のひとつ。
パイナップル輪切り缶詰を入れてみた。爽やかさはあるが、もう少し。
意外とシロップにもパイナップルのエキスがあり、いける。
シロップも入れてみよう。
なかなかいけるやん。
けど、何かなぁ。甘味(あまみ)がおかしい。
カレーを作る際、ハチミツを入れたりもあったっけ。
ハチミツも入れてみよう。
なかなか、いけるやん。
まだ洗練されてないなぁ。
そこで、量を加減しては50回以上は試した。
これで出来たのが、「ミックスジュースの作り方」にあるレシピです。

以前はこういう情熱を注げられるものがあったが、今はないなぁ。
今度は何に熱中しようかな。生きている実感が欲しいから。

スポンサーサイト
工作・工夫 | コメント(0) | トラックバック(0)

串かつのコツ

2016年01月27日
過去、鹿児島に居るときに開設していたブログからの転載です。
(元ブログは、検索サイトで記事名を入れてもヒットしない、いわゆる
休眠状態です。よってこちらに転載しました。)

------------------------------

大阪通天閣界隈、新世界と呼ばれる地域には、
串かつ屋がやたらと多い。

ジャンジャン横丁や通天閣近くの路地には、
小さいがおいしい串かつ屋が多かった。(←過去形)

あえて店の名前は出さないが、元ボクサーの
連れがやっている店は、昔はうまかった。
いまや通天閣の付け根そばに広い店を出したり、
大阪ナンバの水掛不動さんで有名な法善寺近く
にも出店している。
が、家で作る串かつのほうが断然味がよいのです。
2年前から某店には行っていない。

「屏風は広げすぎると倒れる」という商人(あきんど)の
教訓というか戒めがありますが、なるほどなと…。


たわごとはこのへんにして、串かつのコツをば。

コツ1:衣はホットケーキミックスを牛乳で溶いた
ものを使う。(水入厳禁)

コツ2:パン粉はポリ袋などに入れ、手で握り揉み
出来るだけ細かくする。

コツは以上の2点のみです。

あとソースに一工夫するなら、関西が製造地の
ウスターソースに、ほんの少しヒガシマルうどんスープ
などのダシの素系を入れることくらいです。
人によっては、ウスターソースにとんかつソースや
ケチャップなんかをブレンドしたりもします。


ネタは牛もも肉、豚バラ肉、紅しょうが、もち、
タコ、ちくわの中にチーズを入れたもの、
ほか串にさせてあげられるものならなんでもOK…。
(サイズはひと口サイズにおさまるようにします)

串にさし、液(コツ1のもの)に漬け、パン粉(コツ2のもの)
をまぶし、あげる。
簡単でしょ。

------------------------------

*2011年9月27日(火)作成、10月23日(日)更新なので、
本文中の「2年前から某店には…」の2年前は2009年秋を
示しています。

工作・工夫 | コメント(0) | トラックバック(0)

ミックスジュースの作り方

2016年01月26日
過去、鹿児島に居るときに開設していたブログからの転載です。
(元ブログは、検索サイトで記事名を入れてもヒットしない、いわゆる
休眠状態です。よってこちらに転載しました。)

------------------------------

必要器材:ミキサー、コーヒースプーン、カレースプーン、タンブラー、
     ふきんなど

材料:バナナ(中2本 or 大1本)
   パイナップル輪切りシロップ漬け缶詰(1枚とこの取り分のシロップ)
   砂糖(コーヒースプーン山盛り14杯)
   はちみつ(カレースプーン1杯)
   牛乳(ミキサーのボトルサイズにより変動)
     (牛乳以外の全ての材料を入れてから7分目になるまで)
   氷(製氷皿で作ったものだと約13個、自動製氷機だと16~18個)

手順:
  1.ミキサーに皮を剥いたバナナを、手で5センチずつくらいにちぎり
  入れる。(中2本 or 大1本)
  2.次に砂糖をコーヒースプーン山盛り14杯入れる。
  3.パイナップル缶詰の1枚を2センチくらいにちぎりながら入れる。
  また、この取り分のシロップも入れる。
  4.はちみつをカレースプーン1杯入れる。
  5.氷を入れる。(製氷皿作り約13個、自動製氷機だと16~18個)
  6.ミキサーのボトルの7分目まで牛乳を注ぐ。
  7.パワーのあるミキサーだと35秒くらい、非力なものだと45秒
  くらい回す。
  (*少し氷の粒子が残るくらいがよい。)

仕上り量:タンブラーに4杯くらい。

展開:これはベースになります。他にフルーツやいろいろなものを入れ、
アレンジするのも楽しいでしょう。ベースのままでも美味しいですが。笑

変遷:従来の作り方では改善の余地がないので、1980年頃から試作を開始
し、ようやく1995年にレシピが完成した。また、2004年にはインター
ネットに初掲載(CGIボーイ 日記のススメ 「小市民日記」)する。

P.S.
甘過ぎるとのご指摘をいただきました。
コーヒースプーン山盛り14杯でなく、10杯とか加減したほうがいいかも
しれません。
また、ミキサーの回す時間も5秒ほど短かくすると、もっと氷の粒状感が
楽しめるでしょう。
とにかく色々と加減してみてください。ペコリ

------------------------------

工作・工夫 | コメント(0) | トラックバック(0)

NHK総合大阪が見たいの(ベイコム兵庫県エリア) その2

2015年11月01日
「NHK総合大阪が見たいの(ベイコム兵庫県エリア)」の続編です。


「NHK総合大阪が見たいの」大作戦 その2

試案4
ケーブルテレビの保安器からのケーブルに3分配器を入れ、
ケーブルテレビ上の信号で欲しいコミュニティチャンネル(UHF20)と
KBS京都(UHF23)、サンテレビ(UHF26)だけを混合させるマスプロの
MXS3SN(UHF20+UHF23+UHF26)を使い取り出す。生駒山に向けた
UHFアンテナを設置し、先ほどのMXS3SNからの出力とをマスプロ
MXHUD-Pで混合し、ブースターで増幅する。
生駒山に向けたUHFアンテナ:
NHK総合大阪(UHF24)、NHK教育(UHF13)、MBS毎日(UHF16)、
ABC朝日(UHF15)、KTV関西(UHF17)、YTV讀賣(UHF14)、
TVOテレビ大阪(UHF18)
3分配器とUHF指定3波混合器MXS3SNを接続したケーブルTV信号:
コミュニティチャンネル(UHF20)、KBS京都(UHF23)、サンテレビ(UHF26)

*サイトウコムウェアにUHF隣々接混合器CB-U24-2Bが存在したが、
在庫限り品扱いで現在入手困難。(UHFオールチャンネル+UHF24)
また、試案1で使うサイトウコムウェアのバンドパスフィルタBPF-U24Kは、
3万数千円もして高価すぎ。よって試案4を考えました。

*参考サイト
houtou blog
ケーブルテレビとアンテナ受信の混合(北陸朝日放送 デジデジ混信対策)
http://tvfm.blog.fc2.com/blog-entry-803.html

工作・工夫 | コメント(0) | トラックバック(0)

NHK総合大阪が見たいの(ベイコム兵庫県エリア)

2015年10月26日
以前の記事、「映像タイムトラベル セレクション」にも書いたが、
1999年か2000年頃にJR尼崎駅前再開発とJR立花駅前再開発に
よるTV受信障害対策として、既存の各戸がケーブルテレビの
ケーブルと繋がれた。この件にもいろいろあった。事前に工事の
概要のチラシが各戸の郵便受けに入った。しかし、数ヶ月しても
一向に具体的な工事のお知らせがこないし、工事も始まらない。
いろいろ調べると、住居表示の隣りの2丁目、および隣町までは
ケーブルテレビとの接続工事が既に完了していた。
なんでやねん、ここだけ放置なのは。さらに調べると、なんと意外と
工事費が掛かり、予算が無くなり、誰も何も言ってこなければ放置で
いこうとなったらしい。あのー、あなたがた(関係者を指す)の思う程
住民はバカではありませんよ。と言うか、声をあげたのはわたくし
一人だけだった。ズルッ。(←吉本新喜劇コケ)
こういうときは、市会議員に言うのがいい。市会議員の威力で、
あっという間に、当地域の工事が完了した。
まぁ、この顛末をほとんどの住民は知らない。
今回ブログで公開してるやんとツッコミがきても、具体的な地名が
ないからいいやんと逃げよう。時効でもあるし。(あは)

もちろんケーブルテレビのケーブルとつなっがったときは、
地デジとかなく、アナログTV放送波でTVは見ていた。
NHK総合(大阪)とNHK教育、毎日、朝日、関西、讀賣、サンテレビ、
TV大阪、KBS京都、NHK総合(神戸)が見ることができた。
アナログTV放送波が終了になってもしばらくは、デジアナ変換で
アナログTV受像器でも楽しめた。
ところが、地デジも、デジアナ変換もNHK総合は、神戸からの
もののみになった。地デジは、TV大阪やKBS京都すら見られる
のに、なんでNHK総合は神戸やねん。
ローカルニュースや天気予報は、NHK大阪のほうが、近畿広域を
意識した内容なのに…。


「NHK総合大阪が見たいの」大作戦

試案1
保安器から、CATVブースターへのケーブルの間に、マスプロ
電工 MXHUD-P を入れ、もう一方の入力端子に生駒山に向けた
UHFアンテナと、物理チャンネルUHF24chのBPF(バンドパス
フィルタ)を入れつなぐ。
(問題点:BPFが高価。混合器の MXHUD-P 内臓のアッテネータ
をうまく活用したとして信号レベルが揃うかどうか。場合によっては
UHF24chを増幅するブースターが要るかも。)
*マスプロ電工 MXHUD-P は、発売当初UHF-UHF混合器(470-
770MHz)となっていましたが、のちに周波数範囲が10~770MHzに
表記が訂正されました。

試案2
試案1の混合器とBPFの代りに、ベイコム兵庫地区向けのNHK総合
大阪別アンテナ設置用混合器を、TVアンテナ機器メーカーに相談の上、
作ってもらい使用する。

試案3
ケーブルテレビとの接続をやめ、生駒山と神戸麻耶山それぞれに
向けた計2本のUHFアンテナと、近畿地区用混合器(マスプロ電工
UW7F(24,21)等)とブースターを設置する。この場合、KBS京都や
ケーブルテレビのコミュニティチャンネルは見られなくなる。


つづく

工作・工夫 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »