05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

MSE 4.4.304.0 を Windows XP (POSReady 2009) で快適に使う

2017年05月25日
* XPをクリーンインストールし、Microsoft Update / Windows
Update を使用、必要なパッチを当てた状態のマシンでは、この
手法を使っても定義ファイルの更新はうまくいきません。
また、「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC」も同様に
うまくいきません。
POSReady 2009 に擬装化し、さらに Microsoft Update /
Windows Update でパッチを当てた状態ではじめてうまくいきます。
お詫びとともに、この事実を記載します。(ペコリ)
(2017年6月12日(月)追記)


Microsoft Security Essentials Version 4.4.304.0 を、
Windows XP または POSReady 2009 に擬装化した XP で
快適に使うには、一工夫すればいい。
(XP で MSE 4.4.304.0 の定義更新が出来ない - 2017年版)


=== うだうだ考察編 ===

1.定義ファイルの更新(Signature Update)がうまくいかなく、
MpCmdRun.exe(Malware Protection Command Line Utility)を
使い、Microsoft Malware Protection Center (MMPC) のサーバ
から更新する場合のみうまくいく。

C:\Program Files\Microsoft Security Client\MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC

2.Microsoft Security Essentials を開き、「更新」タブの
「更新」ボタンをクリックした場合や、コマンドラインユーティ
リティで「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate」を実行した場合は、
Microsoft Update Server に接続される。
この場合、いつまでも待たされるか、かなり経ってからエラー
表示で止まるかのどちらかで、まったく定義ファイルは更新
されない。

3.定義ファイルの更新を、ショートカットやバッチファイルで
「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC」にて行うのは、
マイクロソフトの旧OSへの切り捨てといやがらせに屈服するようで
気分が悪い。

4.そこでレジストリ廻りを調べてみた。
「[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Antimalware\Signature Updates]」
の「"FallbackOrder"="MicrosoftUpdateServer|MMPC"」が接続する
サーバ、および順序であることが解った。

5.これなら Registry Editor (regedit.exe) で設定を書き換えれば
楽勝じゃんと、「"FallbackOrder"="MMPC"」にしようとしたがエラー
表示が出てうまくいかない。

6.「Signature Updates」キーを右クリックしたら「アクセス許可」が
コンテキストメニュー(Context Menu)に現れた。
これをクリックし、「Administrators」のアクセス許可を「SYSTEM」と
同じように、「フル コントロール」、「許可」にチェック入れ変更した。
これでようやく書き換えが出来た。
のちに書き換え前のアクセス許可に戻しておくほうがいいだろう。

7.この後、「更新」タブの「更新」ボタンをクリックしての
定義ファイルの更新(Signature Update)は、サクサク動作するように
なった。


=== 操作編 ===

1.キーボードの「Windowsキー」+「Rキー」を押し、「ファイル名を
指定して実行」を開く。

2.名前入力欄に「regedit」と入力して「OK」をクリックし、Registry
Editor (regedit.exe) 起動する。

3.「[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Antimalware\Signature Updates]」
キーまで辿る。

4.「Signature Updates」キーを右クリックし、「アクセス許可」を
クリックする。

5.「Administrators」のアクセス許可を「SYSTEM」と同じように、
「フル コントロール」、「許可」にチェック入れる。

6.「Signature Updates」キー直下の文字列「FallbackOrder」の
値を「MicrosoftUpdateServer|MMPC」から「MMPC」に書き換え、変更
する。

7.場合によっては、4.、5.の操作で変更した「アクセス許可」
関連を元の設定に戻す。

8.MSE、「更新」タブの「更新」ボタンをクリックして動作が
スムーズかを確かめる。


=== その他 ===

Microsoft Security Essentials Version 4.4.304.0 のダウンロードは、
以下の記事内にリンクがあります。

XP で MSE 4.4.304.0 の定義更新が出来ない
http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-153.html


*2017年5月28日(日)
本文4行目に
「(XP で MSE 4.4.304.0 の定義更新が出来ない - 2017年版)」
を追記しました。
また、レジストリエディタで、「Signature Updates」のアクセス
許可うんぬんは、フルコントロールに変更のままでもいいかと
思います。
「Signature Updates」以下には更新時間間隔とか、弄って
おもしろそうな項目もありますので。

*2017年6月12日(月)
「Signature Updates」のアクセス許可の設定は、ウィルス等に
よってレジストリの改変もありうるので、必要な操作のあと、
元に戻すのがよいかもしれません。
XPをクリーンインストールし、Microsoft Update / Windows Update
を使用、必要なパッチを当てた状態のマシンでは、この手法を
使っても定義ファイルの更新はうまくいきません。
POSReady 2009 に擬装化し、さらに Microsoft Update / Windows
Update でパッチを当てた状態ではじめてうまくいきます。
文頭にこの旨を記載しました。

スポンサーサイト
MS SOFT | コメント(2) | トラックバック(0)

スタンドアロンインストーラ版の Windows Live Essentials (2017初春版)

2017年02月13日
Windows Live Essentials 2009
Windows Live Essentials 2011
Windows Essentials 2012
スタンドアロンインストーラ(オフラインインストーラ)(ローカルインストーラ)


本記事は、過去記事
http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
の最新改訂版になります。実質最終版といえます。

* Windows Live メール 2012 も含む Windows Essentials 2012 の
マイクロソフトのサポートが、2017年1月10日(火)に終了しました。
すでにサポート切れの Windows Live Essentials 2009 と、Windows
Live Essentials 2011 も含め、充分な注意を払い使用してください。



--- ダウンロード方法 ---

Windows Live Essentials 2009 と
Windows Live Essentials 2011、
Windows Essentials 2012 は、
赤色のリンクから Internet Archive Wayback Machine に
保存されているファイルをダウンロードしてください。


現在、Microsoft社 のサイトに保存されている Windows Live
Essentials 関連のファイルは消滅しました。



--- Windows Live Essentials 2009 ---
(Windows Live Essentials for Windows XP)
(Windows XP 以降にもインストール可能)

日本語版
http://g.live.com/1rewlive3/ja/wlsetup-all.exe
http://wl.dlservice.microsoft.com/download/2/F/C/2FC3ADCA-C314-4207-A8B4-736C521FFA94/ja/wlsetup-all.exe
http://web.archive.org/web/20140606082144/http://wl.dlservice.microsoft.com/download/2/F/C/2FC3ADCA-C314-4207-A8B4-736C521FFA94/ja/wlsetup-all.exe

英語版
http://g.live.com/1rewlive3/en/wlsetup-all.exe
http://wl.dlservice.microsoft.com/download/F/1/F/F1FE75CE-C235-4250-9598-AEE5D854A7EA/en/wlsetup-all.exe
https://web.archive.org/web/20141213151213/http://wl.dlservice.microsoft.com/download/F/1/F/F1FE75CE-C235-4250-9598-AEE5D854A7EA/en/wlsetup-all.exe


--- Windows Live Essentials 2011 ---
(Windows Live Essentials for Windows Vista)
(Windows Vista 以降にもインストール可能)

日本語版
http://g.live.com/1rewlive4-all/ja/wlsetup-all.exe
http://wl.dlservice.microsoft.com/download/3/6/6/3663069C-1931-4895-B40D-C60623439280/ja/wlsetup-all.exe
https://web.archive.org/web/20150726033026/http://wl.dlservice.microsoft.com/download/3/6/6/3663069C-1931-4895-B40D-C60623439280/ja/wlsetup-all.exe

英語版
http://g.live.com/1rewlive4-all/en/wlsetup-all.exe
http://wl.dlservice.microsoft.com/download/8/3/D/83D75746-DF04-45E9-8374-BD31B9419128/en/wlsetup-all.exe
https://web.archive.org/web/20150602053422/http://wl.dlservice.microsoft.com/download/8/3/D/83D75746-DF04-45E9-8374-BD31B9419128/en/wlsetup-all.exe


--- Windows Essentials 2012 ---
(Windows Essentials for Windows 7, Windows 8.1, and Windows Server 2008)
(Windows 10 にもインストール可能)

日本語版
http://g.live.com/1rewlive5-all/ja/wlsetup-all.exe
http://wl.dlservice.microsoft.com/download/F/A/D/FAD48A38-8F81-4DA1-8302-EFAB6FEC4A92/ja/wlsetup-all.exe
https://web.archive.org/web/20170120121901/http://wl.dlservice.microsoft.com/download/F/A/D/FAD48A38-8F81-4DA1-8302-EFAB6FEC4A92/ja/wlsetup-all.exe

英語版
http://g.live.com/1rewlive5-all/en/wlsetup-all.exe
http://wl.dlservice.microsoft.com/download/C/1/B/C1BA42D6-6A50-4A4A-90E5-FA9347E9360C/en/wlsetup-all.exe
https://web.archive.org/web/20170225080058/http://wl.dlservice.microsoft.com/download/C/1/B/C1BA42D6-6A50-4A4A-90E5-FA9347E9360C/en/wlsetup-all.exe


--- その他 ---

オフライン時に Windows Essentials をインストールする方法 - Windows ヘルプ
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials-install-offline-faq
https://web.archive.org/web/20150630195609/http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials-install-offline-faq

How do I install Windows Essentials while offline - Windows Help
http://windows.microsoft.com/en-us/windows-live/essentials-install-offline-faq
https://web.archive.org/web/20150502103150/http://windows.microsoft.com/en-us/windows-live/essentials-install-offline-faq

含まれるソフトウェアの使い方等は、インターネット検索で該当サイトを探して
ください。
メールの返信・転送で元メッセージを引用時、行頭に自動的に引用記号「> 」を
付ける機能のある Windows Live メール 2009 を使っておられる方もいると思います。
Internet Archive Wayback Machine が、サービス(運用)を停止したりとかは
ないと思います。しかし、インターネットの世界は栄枯盛衰が激しい世界であり、
未来はわかりません。必要なファイルは、ダウンロード後バックアップしてください。

Windows 10で Windows Essentials 2012は使えないのですか?
(世の中は不思議なことだらけ)
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2016/09/windows-10-wind.html

Windows10にWindows Liveメール2012をインストールする
(パソコンりかばり堂本舗)
https://www.ikt-s.com/windows10_wlm2012_install/

Hotmail,OutlookメールをPOP3で受信する方法(LiveメールもOK)
(パソコンりかばり堂本舗)
https://www.ikt-s.com/outlook-hotmail-pop3/

古いバージョンのWindows Liveメール 2009をインストールする
(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1375instlive2009/instlive2009.html

Windows 10 .NET Framework 3.5を有効にする方法~PowerShellとDism
(元「なんでもエンジニ屋」のダメ日記)
http://nasunoblog.blogspot.jp/2015/08/windows-10-how-to-use-powershell-and-dism-to-enable-net-framework-3.html


*2017年2月19日(日)
本文のサポートに関する項目の文字色を、紺色(000080)から青色(0000ff)に
変更しました。

*2017年4月17日(月)
現在、Microsoft社 のサイトに保存されている Windows Live Essentials
関連のファイルはすべて消滅しました。これに伴い「ダウンロード方法」
の記載を変えました。
また、 Internet Archive Wayback Machine に保存されているファイルの
リンクに不具合(ファイルをダウンロード出来ない)が生じました。
「https://web.archive.org/web/{過去存在したURL}」という「Latest
記載」ではなく、実際にダウンロード可能な日時決め打ちの記載に改め
ました。
例:
Windows Essentials 2012 英語版
https://web.archive.org/web/http://wl.dlservice.microsoft.com/download/C/1/B/C1BA42D6-6A50-4A4A-90E5-FA9347E9360C/en/wlsetup-all.exe
https://web.archive.org/web/20170225080058/http://wl.dlservice.microsoft.com/download/C/1/B/C1BA42D6-6A50-4A4A-90E5-FA9347E9360C/en/wlsetup-all.exe


当記事の内容に不備がございましたら、コメントにてお知らせください。

MS SOFT | コメント(4) | トラックバック(0)

Windows 10 のインストール

2016年08月16日
現在、Windows 10 のインストールについて、いろんな情報が交錯しています。

1.Windows 7、8、8.1 からの無償アップグレード期間が終了したけど、
今でも無償アップグレードが出来るってほんと?

どうやら本当らしいです。

2.もし出来なくなったらどうしたらいいの?

新たに「障碍者向け Windows 10 無償アップグレード」が始まったので、
これを活用したらいいです。

3.「障碍者向け Windows 10 無償アップグレード」は、いつまで続くか
分かんないじゃん?

未来は誰にもわかりません。だから人生おもしろいのです。


ちまたでよく紹介されている次のURL、
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO
↓↓↓下記の「メディア作成ツール」関連のページに飛ばされる。↓↓↓
Windows 10 のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
「メディア作成ツール」で作成したISOファイルは、ISOファイルの
ダウンロードページからダウンロードしたものと僅かだが違う。
ピュアなISOファイルが欲しいときは、次のページからダウンロード
する方がいい。
Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO/
(XP に導入された Chrome(またはChromium)からも、アクセス可)


いまだに出来る実質無償アップグレードが出来なくなったときは、
次のページを活用してね。
障碍者向け Windows 10 無償アップグレード
https://www.microsoft.com/ja-jp/accessibility/windows10upgrade


*URLの末尾に「/(スラッシュ)」があるとないとでは大違い。
昔、インターネット黎明期にこの辺を教えられ、意識したっけ。
現在もあるんやねぇ。

「メディア作成ツール」の利点:
8GBのUSBメモリがあれば、32bit、64bit両用のインストールメディアが
作成出来る。
オンライン状態で、「メディア作成ツール」からアップグレードが、
出来る。


*2016年8月21日(日)
すみません、訂正します。
WindowwsマシンからとWindows以外のマシンからとでは、マイクロソフト社の
サイトの挙動が違うみたいです。
また、ISOファイルのダウンロードでダウンロード出来るものと、メディア作成ツールで
作成出来るUSBメモリと、ISOファイルでは、インストール出来るものが違うようです。

Windows10 最新バージョン アップグレード・ISOのリンク - ふらっと 気の向くままに
http://datyotosanpo.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

上記のサイト、ページによりますと、
メディア作成ツールから作成のものは、「Pro、Home、Education」用のもので、
直接ISOファイルをダウンロード出来るものは、「Pro、Home」用のものだと記述が
あります。
お詫びします。すみません。

MS SOFT | コメント(0) | トラックバック(0)

マルウェア対策エンジン 1.1.12805.0

2016年05月29日
昨日5月28日(土)夜、手動で Microsoft Security Essentials の定義ファイルの
更新をしたら、マルウェア対策エンジンのバージョンが 1.1.12805.0 に
上っていました。

エンジンのバージョン:1.1.12804.0 → 1.1.12805.0
ウイルス、スパイウェア対策の定義:1.221.xxxx.0 → 1.223.xxxx.0

マルウェア対策エンジン(Microsoft Malware Protection Engine)の脆弱性か
不具合等への対応だと思われます。

なお、Microsoft Security Essentials 4.4.304.0 にも適用可能です。

MS SOFT | コメント(0) | トラックバック(0)

マルウェア対策エンジン 1.1.12804.0

2016年05月20日
本日5月20日(金)18:15、手動で Microsoft Security Essentials の定義ファイルの
更新をしたら、マルウェア対策エンジンのバージョンが 1.1.12804.0 に
上っていました。

エンジンのバージョン:1.1.12706.0 → 1.1.12804.0
ウイルス、スパイウェア対策の定義:1.219.xxxx.0 → 1.221.xxxx.0

マルウェア対策エンジン(Microsoft Malware Protection Engine)の脆弱性か
不具合等への対応だと思われます。

なお、Microsoft Security Essentials 4.4.304.0 にも適用可能です。

MS SOFT | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »