07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

フジパン ぶどうぱん

2014年01月29日
一般販売の「ぶどうぱん(フジパン赤ロゴ)」と、コンビニ セブンイレブン
販売のもの(「ぶどうぱん(フジパン青紫ロゴ)」)が違うので気になっていた。
きょうは天気がとてもよく暖かい。そこで散歩がてら、セブンイレブンと
小規模スーパーに立ち寄り、それぞれのパンを買った。


パッケージのアピール文:

赤ロゴ
牛乳100%のパン生地
水のかわりに牛乳100%で仕込んだパン生地に、レーズンを入れて
素朴な味わいにしました。

青紫ロゴ
完熟レーズンとレーズンペーストをねりこみ
ふんわりして素朴な味わいのパンに仕上げました。


食べた感想:

赤ロゴ
しっとりさは、青紫ロゴのものより少し劣るが、アピール文どおりの
素朴な味が楽しめる。レーズンの量が青紫ロゴのものより少なかった。
比べてみないとわからないことなので、30分ほど散歩した甲斐があった。

青紫ロゴ
しっとりしている。レーズンの量が赤ロゴのものより多くてこのへんは
満足した。レーズンペーストの風味がどのように出ているのかわから
なかったが、赤ロゴのものと甲乙つけ難い。

牛乳100%をとるか、レーズン多めをとるかで買いわけたらいいと思う。


値段:

赤ロゴのものは、88円から120円くらいまでまちまち。今回は105円で
購入しました。
青紫ロゴのものは、セブンイレブン専用品なのか「105円(税込)」と
いう表示があり、105円で販売されている。



今回のネタとまったく関連はないが、青紫で思い出したことが…。
何年か前、とある事情で数千万円を引き出し、運ぶことに。
この際、日本銀行出荷時状態の新券を初めて見た。青紫色の
帯封がしてあり、さらにシュリンクパックしてあった。
(アマゾン梱包内のシュリンクパックのような素材)
結局は親族にこれらも含め騙し盗られてしまうのだが、映画や
ドラマよりドラマチックな人生を経験すると、諦めを超越した悟り
すら感じられる。阪神大震災の死にぞこないにも根性はある。
いつかは復活出来る日を願って。。。



*重さを量るのを忘れていました。ペコリ
手で持った感じ、ほんの少し青紫ロゴのもののほうが重い(大きい)です。


フジパン>おすすめ商品>ぶどうぱん - フジパンHP


ぶどうぱん (梱包状態) - クリックで拡大
ぶどうぱん (梱包状態) 上:一般品 下:セブンイレブン専用品 (画像クリックで拡大)

ぶどうぱん (中身) - クリックで拡大
ぶどうぱん (中身) 上:一般品 下:セブンイレブン専用品 (画像クリックで拡大)

ぶどうぱん (中身/カット) - クリックで拡大
ぶどうぱん (中身/カット) 上:一般品 下:セブンイレブン専用品 (画像クリックで拡大)
*手前斜め上方から撮影のため大きさがかなり違って見えます。実際はセブン
イレブン専用品の方がほんの少し大きいです。


ぶどうぱん (包装袋/表) - クリックで拡大
ぶどうぱん (包装袋/表) 上:一般品 下:セブンイレブン専用品 (画像クリックで拡大)

ぶどうぱん (包装袋/裏) - クリックで拡大
ぶどうぱん (包装袋/裏) 上:一般品 下:セブンイレブン専用品 (画像クリックで拡大)


*2014年2月1日(土) 以下追記
きょう動物慰霊碑参りのお供えにと買った赤ロゴが、製造所記号の違う
ものでした。(記号:SFO)
先日のもの(記号:FHI)赤ロゴよりきょうのもののほうがレーズンは
多かったです。それでも青紫ロゴよりはレーズンの量は、少ないです。
個々のバラツキが多いのか、製造所によるものなのかは、わかりません。
赤ロゴも青紫ロゴも今後たまに買い食すると思います。一旦小研究(?)は
このへんにして、今後は食を楽しみます。

*2014年6月17日(火) 以下追記
4月1日(火)の消費税アップ(5%→8%)にともない、セブンイレブン扱いの
「ぶどうぱん(青紫ロゴ)」または 「ぶどうぱん マーガリンサンド」が扱い
終了になった模様です。
( 「ぶどうぱん マーガリンサンド」は、他地域の方からの情報です。)
現在、「ぶどうぱん(赤ロゴ)」はスーパー等で一般に販売されています。
(地域によりフジパンの扱いのないところもあります。また、北海道では、
ロバパンのブランド名で扱われているようです。)
スポンサーサイト
B級グルメ | コメント(2) | トラックバック(0)

アイスペット

2013年07月08日
家庭用かき氷器のはしり、アイスペット、デラックスアイスペット


今のように家庭用かき氷器がなかった頃、かき氷はお店で注文し
食べるしかなかった。
新しもの好きな我が家は、アイスペットという名の商品が出たとき、
すぐに購入した。
アイスペットには、2種類あり、底面に固定用の吸盤があるデラックス
アイスペットとそうでないものがありました。
デラックスの方が少し値段が高かったが、テーブルに固定出来、この
分使い勝手がよい。よってデラックスアイスペットを買った。
専用のカップで作った氷しか使えないのが、弱点だった。付属のカップは
個数が少ないので、追加でカップを買ったのはいうまでもない。
アイスペットは、夏場の一家団欒にとても役立った。
アイスペットが世に出てから、2、3年後あたりには普通の製氷皿で
作った氷が使用できるものが出てきて、アイスペットは急速に市場から
消えていった。
蜜は、明治屋のものが出回りはじめていたが、少し値段が高い。そこで、
鍋で、砂糖と水を煮詰めて作った。
一番好きなのは、かき氷に練乳だけをたっぷりかけたもので、至福の時を
過ごせられる。もちろん今でもたまに作って食べる。
一度、氷を固定、回転させるプレートが壊れ、パーツを入手し、修理を
している。パーツは父が直接製造メーカーに行き、なんとか残っていた
ものをわけてもらえた。有難いことに、無償だった。

そうそう、近畿地方というか、阪神地域には、一家に一台たこ焼き器が
ある。これも一家団欒の必須アイテムなのだ。

きょう(2013年7月8日(月))九州、中国、四国、近畿、東海地方が、
梅雨明けした。ちょっぴり昔を想い出してしまった。

B級グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

期間限定のパン

2013年03月04日
菓子パンや調理パンは、定番商品もいいが、期間限定の商品にも
たまにはアタリもある。

過去に販売していたもののうち、美味しくてもう一度食べたいと思った
ものを3点載せます。


第一パン オリエンタル マース カレーパン
第一パン オリエンタル マース ハヤシパン

かなり前に一世を風靡した、TV番組のスポンサーもしていたオリエンタル
カレーのカレーフィリングとハヤシフィリングの入ったパンです。
当時、マンゴチャツネが付属していたカレールーはとても美味しかったという
記憶があります。(美味しいカレーの魂は「辛いけど甘みもええよ」ですから)
袋の注意書きに従い、電子レンジで温めると、より美味しくなりました。
袋の「ハヤシもあるでよぉ」は、昔のTVCMのセリフです。


ヤマザキ ローズネットクッキー いちご

めちゃくちゃ甘くて、はまると怖い(高カロリー)ローズネットクッキーの
限定いちごチョコがけ版になります。
めちゃ甘の本体と、甘酸っぱいいちごチョコが絶妙のバランスで、忘れ
られない味です。


*撮影用の白いお皿は、ヤマザキのシールを集めてもらえるというアレです。アヘ

オリエンタル マース カレーパン (第一パン) - クリックで拡大
オリエンタル マース カレーパン (第一パン) (画像クリックで拡大)

オリエンタル マース ハヤシパン (第一パン) - クリックで拡大
オリエンタル マース ハヤシパン (第一パン) (画像クリックで拡大)

ローズネットクッキー いちご (ヤマザキ) - クリックで拡大
ローズネットクッキー いちご (ヤマザキ) (画像クリックで拡大)
B級グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |