07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

荒木村重の謀反と郎党の処刑場

2017年08月12日
今日は、父が健在でまだ現役で働いていたとき同僚だった
中埜(なかの)さんが、32年前に日本航空123便に乗っておられ、
受難された日だ。
中埜さんは、京都大学出でエリートコースにのり、父と違い
早々と阪神タイガースの球団社長も兼任するほどの出世を
された。
今わたくしの実家には、兄によって勝手に持ち出された
写真アルバムがないので見ることが出来ないが、中埜さんと
父が手漕ぎボートに乗っている写真があった。
場所は滋賀県の琵琶湖の畔、雄琴温泉で撮られたもので、
昔は雄琴温泉(おごとおんせん)は、優雅な温泉街で、
現在のような特殊浴場、ソープランド街ではなかった。
日本航空123便墜落事故に関しては、いまだにいろいろな
憶測が飛び交っている。個人的には、自衛隊かアメリカ軍の
訓練用牽引標的が誤って垂直尾翼に激突したのではないかと
思っている。

話しが横道にそれてしまったが、いまだに謎の荒木村重
(あらきむらしげ)の織田信長に対する謀反(むほん)の理由と、
尼崎にて郎党が処刑されただいたいの場所を考えてみた。
理由は、いろいろ諸説があり解らなかった。しかし、だいたいの
場所は解った。
芦原公園(あしはらこうえん)市民プールから、立花(たちばな)
グリーンハイツ(=マンション棟群)にかけての一帯だったようだ。
単なる気のせいだろうが、あのあたりは空気が淀んでいる。
マンションが建つ前は、のこぎり屋根が特徴のピアノ線製造工場
があった。
処刑のとき、尼崎城に逃げ隠れていた村重は、民家に閉じ込め
られ火を放たれたのを、尼崎城から見ていただろう。
荒木村重が荒木道薫(あらきどうくん)と名を変え、生きていた
のも不思議ではあるが。

尼崎(あまがさき)は、ガラが悪い、汚いと阪神地域にあって、
他の阪神地域の市からバカにされているが、歴史的な出来事も
多く、おもしろい街である。

スポンサーサイト
地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)

学校法人森友学園 瑞穂の國記念小學院

2017年07月27日
忘れたころにやってくるのは、災害だけではない。
「人の噂も十五日」なこんにち、森友学園事件関連のニュースを
久しぶりに見た。地検の任意の事情聴取がきょうあったそうな。

それよりも、なによりも、あんな航空機騒音のキツイところに
小学校を設置するという考えをよくするねぇと、ある意味感心する。
(「感心」ではなく「寒心」のほうがよかったかも。)

天気が下り坂のときは、大阪空港の離陸、着陸方向が通常と反対に
なるが、これ以外のほとんどの時は、着陸は南東方向から進入し、
離陸は北西方向に発進する。
「学校法人森友学園 瑞穂の國記念小學院」は、着陸コースのはぼ
真下にあたる。籠池さん一族は、生徒のことを、学び舎の環境の
ことを考えていたのだろうか。
また、この辺の航空機騒音のことを取り上げていたマスコミが、
どれほどいたのでしょうか。

地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)

98円本(税別)

2017年07月12日
例のごとく、早く仕事が終った(午後4時15分)ので、夕食と明日の朝食の
ヨーグルトを買いに近くのスーパーに出かけた。
3階に本のセールをしていた。いわゆる新古本というもので、特価98円
(本体価格)のもあり、3冊買ってしまった。観賞魚の飼育関連の本を2冊と、
「カクテル銘酒事典 橋口孝司著 新星出版社」というカクテルの本を買った。
「カクテル銘酒事典」は、ちまたで新本で売られていたころは、税別
1500円もしているのには驚いた。イーグルスの曲で「テキーラ・サンライズ」と
いうのがあったが、そのへんのことも書かれていた。
シンガポール・スリングの項目では、シンガポールのラッフルズ・ホテルの
逸話とかあっておもしろい。
詳しくないカクテルの知識、空白域を少しは埋められるだろう。

少し幸せな気分になれた。


*2017年7月12日(水) 以下追記
今は「早く人間になりたい」と叫びたいほどの貧民生活(*)だが、10年ほど前は
晴耕雨読な生活で、小金持ち(*)だった。よく目的地なしのドライブに出掛けた。
クルマで聴くお気に入りの一枚のCDアルバムにイーグルスのベストアルバム
があった。確か明石のイトーヨーカドー専門店、新星堂で買った輸入盤だった
かな。同じものがアマゾンでも扱っているようだ。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00005KC9M
イーグルスのベストアルバムには数種類あるようですが、このアルバムの曲と、
曲順はすごく気に入っています。
クルージングしながら聴くと至福の時を過ごせられた。(=過去形、悲しー)

(*)「早く人間に…」…ほどの貧困生活=親族に資産を騙し盗られ、父も所有土地を
売却させられ現金化したものを巻き上げられる。土地売却後、父は用済みなのか
面倒をロクに見てもらえずに、父以外だれもいない家でひっそり死亡。のちに発見
されるが、これらの事態を暴かれるとまずいのか、親族の医者に死亡診断書を書かせ、
わたくしが父の死を知ったのは、13日後。
のちに、数年後に親族縁者にわたくしに知らせないよう強力に口止めしていたことが
わかる。いちじお金が底をつく。市役所ではしきりに生活保護受給申請をするよう
勧められるが拒否。飢餓状態になり死の一歩手前にまでゆく。
なんとか低賃金の仕事を見つけ働くも、繁忙期以外は、生活保護受給者よりはるかに
低いギャラで生活。(繁忙期以外は午後3時で仕事上りなことも)
なかなか浮上出来ないでいる。
(*)小金持ち=現金預金とすぐに換金出来る金融商品を含め、不動産を含めない
現金ベースで最低でも1億円を軽く超える資産がある状態のこと。またはこの状態に
ある人のこと。

なんか、この追記で、少し明るいネタが、暗くなってしまった。(反省)

地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)

レンタル地蔵(貸し出し地蔵)

2017年06月18日
今朝、ラジオを聴いていると、おもしろいネタをしていた。

京都というところは伝統というか、行事を大切にする。
新たにそこそこの規模のマンションが建ったら、お地蔵さんは
もちろん祀られているわけではなく、かといって地蔵盆は
必要で、する訳で、お地蔵さんは必須となる。
こういうときには、過去新撰組屯所にもなっていた壬生寺が、
お地蔵さんの貸し出しをするそうな。3千円で。

40分ほどで京都に行ける距離に居ながら、このネタは
知らなかった。同時に驚いた。

恐るべし京都

地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)

大阪茶屋町の石畳

2017年06月18日
大阪市内で梅田に近いところに茶屋町という地名の
場所がある。
再開発で昔の古い木造家屋の街並みや、石畳の道は
近年完全に消え去ってしまった。(*)

まだ、MBS毎日放送の社屋と、梅田ロフトくらいしかない
ときは、石畳のある街並みは少し残っていた。
どこかで見たような石畳の道。
昔のサントリーのTVCMで子犬が出てくるシーンがある。
石畳の道を歩くシーン。あの部分だけは、京都ではなく、
ここ茶屋町の石畳が使われた。
こういったエピソードは、TV好きな方だとたいてい知って
いた。
しかし、今ネット検索してもなかなかヒットしない。
仕方がないので、おせっかいながら記事にしてみた。

そういや、おわら風の盆で有名な富山八尾(とやまやつお)
へ6年前に鹿児島からクルマで墓参りに行ったとき、八尾の
石畳の道を走ったっけ。おわら風の盆の時以外の平常は、
八尾の街は時がゆっくりと流れている。
本当はご先祖様の墓参りに時々は行かなくてはならない
のだが、現状が、生活が苦しくて行けない。
なさけない自分がいる。


*再開発済みの箇所に、昔の石畳に使われていた石を
少量使った石畳の道がありますが、昔の状態のまま
残されているものはありません。

*2017年6月19日(月)
注(*)部分を追記しました。

地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »