FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

いやらしい「au.com」のメールアドレス

2018年09月17日
携帯、スマホに迷惑メールが少しでも来ないよう、
「.com」に迷惑メールのフィルタリングを長らく
掛けていた。
ところが、auは2017年後半あたりから従来の
「ezweb.ne.jp」から「au.com」にしはじめた。

あーあ、面倒くさい。

アホな人が多い政治家がしたならわかるが、
曲がりなりにもネットワークのプロがこういう
ことをするかなぁ。

少し愚痴ってしまった。


※2018年9月18日(火)
拒否リストに「.com」で広範囲に拒否するの
をやめ、許可リストに主要な携帯、スマホ用の
アドレス(メールドメイン)を設定すればと、
ツッコミがきそうですね。
「icloud.com」もあることですし。
スポンサーサイト
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

災害列島

2018年09月07日
Windows XP、IE8、TLS1.2 絡みの記事にコメントを
頂戴し、コメント返信が遅れた理由のひとつが、現在
別荘(?)に監禁(実際は療養)され自宅外に居ることです。

去年の12月初めから、いろいろな出来事が起こりすぎて、めげそうになります。
5月27日(日)には、救急車で搬送され3日間の入院もあり
ました。
これで、入院等は打止めかと思いきや、そうは問屋が
卸さないようで…。

6月18日朝の大阪府北部の地震では、いやらしい揺れ方
の当地震度5弱を経験し、台風20号は台風の目が当地を
通過。
そして、別荘に拉致中の9月4日(火)には、台風21号で
自宅が無人なので正確に把握出来ないですが、ベランダ
の波板がほぼ飛ばされたようです。
おまけに、4日午後2時すぎから、きょう(9月7日(金))の
午前7時30分頃までの約66時間に渡り、自宅は停電して
いたようです。帰宅するわけにもいかず、冷蔵庫内は
恐ろしい状況かなと思います。
ま、諦め、別荘軟禁生活から解放されてから、ぼちぼち
片付けるしかないようです。

台風21号のあとは、北海道で最大震度7の地震が発生した
り、異常に暑い夏や、ことしは何かおかしいです。
今後、災害が頻発するのでは、と思ってしまいます。

災害が数ヶ所で、ほぼ同時に起これば、お手上げ状態
かもしれません。

いまや、日本(にほん)は、「災害列島」と呼べる時期、
状態に突入なのでしょう。

(僅かな楽観と、大いなる悲観のはざまで記載…)
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

今年の夏は蚊が少ない

2018年08月09日
今年の夏はいろいろなことが起こる。
6月18日(月)は(当地)震度5強の地震、そして
7月上旬の大雨、のち猛暑、台風は目が当地
を通過など、変なことの多い夏となっている。
そのせいか、まだ蚊に2、3回しか刺されてい
ない。
あの1995年の地震の前年、1994年の夏も暑く、
ガレージの波板屋根の下にアシナガバチの巣
が出来たりしたが、今年はより暑すぎてかハチ
の巣は出来なかった。
今野菜が高い。これからは、平年並みとか、
安値とかはなく、ほとんどの時期が野菜の高値
になるのでは。
極端な気候は、二酸化炭素などによる温暖化
ではなく、人間が出す凄まじい排熱によることを
実感できたのではないか。

(二酸化炭素の排出権の取り引きは、馬鹿げている。
金余りな欲深い人たちのマネーゲームのネタになって
いるだけで、二酸化炭素は温室化とは関係ない。
人工排熱、都市排熱が元凶なのに…。)

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

犬から猫が人気の時代

2018年08月05日
長らく愛玩動物で犬が主役であった時代が続いた。
しかし、2008年ころから猫が主役になり、この流れは
今も続いている。
「犬と猫、どっちが好き?」と聞かれたら、2008年春
までは「犬」と答えたが、2008年夏からは「どちらも
好き。」と卑怯な、曖昧な答えをするだろう。
鹿児島に居るとき、2年間だが生まれて初めて猫と
一緒に過ごすという経験をしてのことだ。
人は、犬のような生き方は出来るだろうが、猫の
ような生き方はまず出来ないだろう。
現代人は、昔のような朴訥さ(ぼくとつさ)はなく、
多かれ少なかれ少しこころが病んでいるというか、
こころが歪んでいる。
だからこそ、同化した生き方が出来ない動物、猫
に憧れ、好きなのだと、勝手に解釈している。

暑い夏の真夜中に、変な想いを巡らせてしまった。

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

切腹の作法

2018年08月03日
時代錯誤も甚だしいアマチュアボクシング界のドンが、
いろいろな事実が発覚してもすぐに辞めずにウダウダ
と言い、しがみついている。
状況を見ても、辞めるしかないのに、自己中な目しか
ないようで、情けないというか、恥ずかしい。
尼崎には「残念さんの墓」というのがある。蛤御門の変
で、切腹した侍を葬っているお墓だが、「残念さん信仰」
が一時流行り、現在でもお参りする人が絶えない。
残念さんが今のアマチュアボクシング界の事態を見たら、
なんと言うでしょうね。
引き際、辞め時がわからないほど、どアホなのか、無知
なのかはわからないが、最近こういった人が多い。
これって親の育て方が悪いんでしょうね。

アニメ「北斗の拳」風に、「オマエはもう死んでいる」という
状況なのに。

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »