04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

在りし日の白雲楼ホテルを見たくて

2017年05月31日
ただただ小ぎれいだけの色気のない、ある意味画一化した中を生きて
いる者にとって、時の流れに取り残された建物、風景はこころのオアシス
となる。
これって個人的な嗜好、趣味のひとつであって、他の多数の方々が
持っている不変な共通認識ではないよと、ツッコミがくるかもしれない。
人がどうこう言おうが、近代化遺産が好きだ。
日本(にほん)は、スクラップ・アンド・ビルドが顕著な国で、歴史的
建造物もどんどん壊す。大阪難波(おおさかなんば)にあった新歌舞伎座
なんて、芸術作品だと思う。前置きが長くなってしまった。反省。

インターネットで白雲楼ホテルのことを調べていると、110度CS放送の
スカパー!のTBSチャンネル2で、5/31(水)午前8:40〜午前10:20に
「早乙女千春の添乗報告書1 金沢湯けむりツアー殺人事件」をする
ことが解った。このドラマのこの回は、ロケ地のひとつが白雲楼ホテル
になっている。
在りし日の白雲楼ホテルを見たい。
そこで、4K・8K対応BS・110度CSアンテナセット(インジケーター付)
DXアンテナ BC453SCK と、自立スタンド DXアンテナ MHF-500 を
買い、室内設置、窓越しの電波受信が可能かを確かめた上、
なんとかいけそうなので、5/30(火)にスカパー!の2週間お試し体験
に申し込んだ。
今日午後5時頃帰宅し、タイマー予約録画がうまく出来ているか
確かめたらOKだった。

我ながらよくやるなぁと思った次第で。

スポンサーサイト
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

MSE 4.4.304.0 を Windows XP (POSReady 2009) で快適に使う

2017年05月25日
* XPをクリーンインストールし、Microsoft Update / Windows
Update を使用、必要なパッチを当てた状態のマシンでは、この
手法を使っても定義ファイルの更新はうまくいきません。
また、「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC」も同様に
うまくいきません。
POSReady 2009 に擬装化し、さらに Microsoft Update /
Windows Update でパッチを当てた状態ではじめてうまくいきます。
お詫びとともに、この事実を記載します。(ペコリ)
(2017年6月12日(月)追記)


Microsoft Security Essentials Version 4.4.304.0 を、
Windows XP または POSReady 2009 に擬装化した XP で
快適に使うには、一工夫すればいい。
(XP で MSE 4.4.304.0 の定義更新が出来ない - 2017年版)


=== うだうだ考察編 ===

1.定義ファイルの更新(Signature Update)がうまくいかなく、
MpCmdRun.exe(Malware Protection Command Line Utility)を
使い、Microsoft Malware Protection Center (MMPC) のサーバ
から更新する場合のみうまくいく。

C:\Program Files\Microsoft Security Client\MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC

2.Microsoft Security Essentials を開き、「更新」タブの
「更新」ボタンをクリックした場合や、コマンドラインユーティ
リティで「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate」を実行した場合は、
Microsoft Update Server に接続される。
この場合、いつまでも待たされるか、かなり経ってからエラー
表示で止まるかのどちらかで、まったく定義ファイルは更新
されない。

3.定義ファイルの更新を、ショートカットやバッチファイルで
「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC」にて行うのは、
マイクロソフトの旧OSへの切り捨てといやがらせに屈服するようで
気分が悪い。

4.そこでレジストリ廻りを調べてみた。
「[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Antimalware\Signature Updates]」
の「"FallbackOrder"="MicrosoftUpdateServer|MMPC"」が接続する
サーバ、および順序であることが解った。

5.これなら Registry Editor (regedit.exe) で設定を書き換えれば
楽勝じゃんと、「"FallbackOrder"="MMPC"」にしようとしたがエラー
表示が出てうまくいかない。

6.「Signature Updates」キーを右クリックしたら「アクセス許可」が
コンテキストメニュー(Context Menu)に現れた。
これをクリックし、「Administrators」のアクセス許可を「SYSTEM」と
同じように、「フル コントロール」、「許可」にチェック入れ変更した。
これでようやく書き換えが出来た。
のちに書き換え前のアクセス許可に戻しておくほうがいいだろう。

7.この後、「更新」タブの「更新」ボタンをクリックしての
定義ファイルの更新(Signature Update)は、サクサク動作するように
なった。


=== 操作編 ===

1.キーボードの「Windowsキー」+「Rキー」を押し、「ファイル名を
指定して実行」を開く。

2.名前入力欄に「regedit」と入力して「OK」をクリックし、Registry
Editor (regedit.exe) 起動する。

3.「[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Antimalware\Signature Updates]」
キーまで辿る。

4.「Signature Updates」キーを右クリックし、「アクセス許可」を
クリックする。

5.「Administrators」のアクセス許可を「SYSTEM」と同じように、
「フル コントロール」、「許可」にチェック入れる。

6.「Signature Updates」キー直下の文字列「FallbackOrder」の
値を「MicrosoftUpdateServer|MMPC」から「MMPC」に書き換え、変更
する。

7.場合によっては、4.、5.の操作で変更した「アクセス許可」
関連を元の設定に戻す。

8.MSE、「更新」タブの「更新」ボタンをクリックして動作が
スムーズかを確かめる。


=== その他 ===

Microsoft Security Essentials Version 4.4.304.0 のダウンロードは、
以下の記事内にリンクがあります。

XP で MSE 4.4.304.0 の定義更新が出来ない
http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-153.html


*2017年5月28日(日)
本文4行目に
「(XP で MSE 4.4.304.0 の定義更新が出来ない - 2017年版)」
を追記しました。
また、レジストリエディタで、「Signature Updates」のアクセス
許可うんぬんは、フルコントロールに変更のままでもいいかと
思います。
「Signature Updates」以下には更新時間間隔とか、弄って
おもしろそうな項目もありますので。

*2017年6月12日(月)
「Signature Updates」のアクセス許可の設定は、ウィルス等に
よってレジストリの改変もありうるので、必要な操作のあと、
元に戻すのがよいかもしれません。
XPをクリーンインストールし、Microsoft Update / Windows Update
を使用、必要なパッチを当てた状態のマシンでは、この手法を
使っても定義ファイルの更新はうまくいきません。
POSReady 2009 に擬装化し、さらに Microsoft Update / Windows
Update でパッチを当てた状態ではじめてうまくいきます。
文頭にこの旨を記載しました。

MS SOFT | コメント(2) | トラックバック(0)

塚口さんさんタウン3番館の建て替え

2017年05月05日
--- 2017年8月3日(木)追記 ---
3番館の専門店エリアは、8月2日(水)現在閉店(営業終了)して
いる店舗が多くなっている。
はっきりした日時は示されていないものの、ダイエーを含めた
3番館は今秋で営業を終了する。
1番館の2、3階の衣料品売場は8月31日(木)が最終営業日と
なる。衣料品売場がなくなったあとに、食料品・日用消耗品売場
が出来る。(3番館の一部売場が実質1番館に移転)
ダイエー塚口店は、塚口さんさんタウン内に存続はするものの、
大幅に縮小し、1番館に集約される。
3番館取り壊し、建て替え後のマンション地下1階~2階商業部分
にダイエーが入居するかは不明。
3番館の取り壊しも、早ければ今年中に始まるかもしれない。


--- 2017年8月18日(金)追記 ---
8月17日(木)夜、ダイエーに表示されていた営業終了の表示の
内容は次の通りです。なお、専門店部分についての情報は、
専門店部分に行っておらず、はっきりわかりませんでした。
<ダイエー部分>
1番館の2、3階の衣料品売場は8月31日(木)が最終営業日と
なる。
3番館の地下1階から5階は、10月30日(月)が最終営業日と
なる。


屋上のダイエーマークが消され、イオンマークに塗り替えかなと
思っていたが、一向に進んでいなかった。
なぜ?ここにきてようやく理由が解った。

塚口(つかぐち)さんさんタウン3番館の建て替え
1.区分所有者の5分の4以上の賛成で建て替えが決まった。
2.2017年内に取り壊しが始まる。
(2017年12月に店舗営業を終了し、取り壊しの前準備が
はじまり、取り壊し作業は2018年に入ってからの模様です。)
3.住居部分が主体だが、一部商用店舗部分もある。
(地下1階~2階商業部分、3階~16階387戸マンション部分)
4.野村不動産がマンションの分譲・販売をするらしい。
5.仮称だが、「プラウドシティ阪急塚口」になる予定。
6.着工は2019年、完成は2022年を予定。

過去、ダイエーで京橋店と売り上げを競った塚口店も、
いよいよ終焉を迎えようとしている。
3番館の飲食店は意外と早く閉店が相次ぎ、今や6階には
1店舗もない。地下1階も2店舗のみとなっている。
ダイエー部分もにぎわっているのは、地下1階と1階の
食料品コーナーのみ。
電気売り場にバラコン(バラのオーディオコンポ)コーナーが
あり、JBL4345が展示されていたり、60型ブラウン管TVが
早々と展示販売されていたりと過去は熱かった。
夏場の盆踊りのときには、太鼓の櫓が建ちあがり、
ゲストの前川清さんが熱唱していたっけ。
商店街のシャッター街化と同じように、駅前再開発ビルも
陳腐化(ちんぷか)するということで注目されていた
塚口さんさんタウンも結局は建て替えすることとなり、
時代の流れとはいえ、少しさみしい。
塚口さんさんタウン1番館、2番館はこの先どうなるのだろう。
特に、2番館は住居部分が多く建て替えするにしても、
話しがまとまらないだろうなぁ。
<近所の人さんによると、2番館は数年前に耐震化工事を
したそうです。>

有難う、塚口さんさんタウン3番館。

*2017年5月5日(金) 23:45
「ゆうちょ銀行大阪支店塚口さんさんタウン内出張所」という
尼崎市内で一番遅くまで使えるゆうちょATMが3番館に
あるんですけど、無くなると困るなぁ。

*2017年6月12日(月)
近所の人さんからの情報に基づき、2番館の耐震化工事の
ことを<>付きで本文に追記しました。
取り壊しの項目に()付きで大雑把ながら、おおまかな日程を
追記しました。
3番館にある役所の出先機関等は、順次1番館に移転する
ようです。

*2017年8月3日(木)
本文項目2、取り壊し項目の()内の内容に誤りがありました。
よって取り消し線を加えました。すみませんでした。
現在わかっているおおまかなことを、文頭に追加しました。
8月2日(水)にダイエー塚口店でもらってきたチラシに書かれて
いる内容の一部を以下に記します。
--- 塚口さんさんタウンより ---
<塚口さんさんタウン3番館
「建て替えによる閉店」のお知らせ>
当館は誠に勝手ながら、
今秋をもって営業を
終了(閉店)させていただく
こととなりました。
1978年のオープン以来、
39年間のご愛顧
誠にありがとうございます。
--- ダイエー塚口店からのお知らせ ---
1番館(2・3階)
衣料品売場は
8/31(木)をもって
営業終了とさせていただきます。
<予告>
1番館2・3階売場に
今秋ダイエー塚口店
食料品・日用消耗品売場
新装オープン致します。

*2017年8月18日(金)
8月17日(木)夜、ダイエーに行ってきました。
3番館の営業終了日が表示されてました。
本文、「2017年8月3日(木)追記」に続けて
「2017年8月18日(金)追記」として記載しました。

地域ネタ | コメント(5) | トラックバック(0)

強引矢の如し(ごういんやのごとし)

2017年05月03日
「強引矢の如し(ごういんやのごとし)」
強引な人、悪意を持っている人は、行動がとても速い。
よって、注意しないといけない。

「金は天下のまわれ右(かねはてんかのまわれみぎ)」
お金は沢山あるところが好きだ。貧乏人には、近づいても
すぐにまわれ右して去ってゆく。

「残り物には訳がある(のこりものにはわけがある)」
訳ありだから、残っている。福なんてない。
だから残り物は避けよう。

「人の噂も十五日(ひとのうわさもじゅうごにち)」
昔は七十五日といわれていたが、いまやTVニュースや、
ワイドショーで取り上げられるのもせいぜい十五日で、
人は、世間は注目しなくなる。
当事者にとっては、よいことなのだろうが…。
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |