FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

今年の夏は蚊が少ない

2018年08月09日
今年の夏はいろいろなことが起こる。
6月18日(月)は(当地)震度5強の地震、そして
7月上旬の大雨、のち猛暑、台風は目が当地
を通過など、変なことの多い夏となっている。
そのせいか、まだ蚊に2、3回しか刺されてい
ない。
あの1995年の地震の前年、1994年の夏も暑く、
ガレージの波板屋根の下にアシナガバチの巣
が出来たりしたが、今年はより暑すぎてかハチ
の巣は出来なかった。
今野菜が高い。これからは、平年並みとか、
安値とかはなく、ほとんどの時期が野菜の高値
になるのでは。
極端な気候は、二酸化炭素などによる温暖化
ではなく、人間が出す凄まじい排熱によることを
実感できたのではないか。

(二酸化炭素の排出権の取り引きは、馬鹿げている。
金余りな欲深い人たちのマネーゲームのネタになって
いるだけで、二酸化炭素は温室化とは関係ない。
人工排熱、都市排熱が元凶なのに…。)

スポンサーサイト
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

犬から猫が人気の時代

2018年08月05日
長らく愛玩動物で犬が主役であった時代が続いた。
しかし、2008年ころから猫が主役になり、この流れは
今も続いている。
「犬と猫、どっちが好き?」と聞かれたら、2008年春
までは「犬」と答えたが、2008年夏からは「どちらも
好き。」と卑怯な、曖昧な答えをするだろう。
鹿児島に居るとき、2年間だが生まれて初めて猫と
一緒に過ごすという経験をしてのことだ。
人は、犬のような生き方は出来るだろうが、猫の
ような生き方はまず出来ないだろう。
現代人は、昔のような朴訥さ(ぼくとつさ)はなく、
多かれ少なかれ少しこころが病んでいるというか、
こころが歪んでいる。
だからこそ、同化した生き方が出来ない動物、猫
に憧れ、好きなのだと、勝手に解釈している。

暑い夏の真夜中に、変な想いを巡らせてしまった。

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

切腹の作法

2018年08月03日
時代錯誤も甚だしいアマチュアボクシング界のドンが、
いろいろな事実が発覚してもすぐに辞めずにウダウダ
と言い、しがみついている。
状況を見ても、辞めるしかないのに、自己中な目しか
ないようで、情けないというか、恥ずかしい。
尼崎には「残念さんの墓」というのがある。蛤御門の変
で、切腹した侍を葬っているお墓だが、「残念さん信仰」
が一時流行り、現在でもお参りする人が絶えない。
残念さんが今のアマチュアボクシング界の事態を見たら、
なんと言うでしょうね。
引き際、辞め時がわからないほど、どアホなのか、無知
なのかはわからないが、最近こういった人が多い。
これって親の育て方が悪いんでしょうね。

アニメ「北斗の拳」風に、「オマエはもう死んでいる」という
状況なのに。

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

貧乏人の街、尼崎

2018年08月02日
ここ尼崎(あまがさき)は、貧乏人の街だ。
だからか、阪急電車沿線に住む人たちは、貧乏人では
ないと主張するかのように居住地を尼崎市とは言わず、
阪急電車の駅名で言う。
たとえば、「武庫之荘(むこのそう)」、「塚口(つかぐち)」、
「園田(そのだ)」とか。尼崎が嫌だったら、隣の西宮市に
引っ越せばいいのにな。
不思議なのは、BMWや光岡自動車のクルマのディーラー
があること。以前はランボルギーニのディーラーもあった。
JR尼崎駅、潮江緑遊公園近くのマンション群は、安物
マンションのハセコー製なので、分譲価格は安いが、
天井高が低く、一昔前の公団住宅のような造りで貧相に
見える。せっかくJR尼崎駅に快速、新快速電車が停車
するようになったのだから、もう少し中級クラス以上の
マンションに出来なかったのかとツッコミ満載である。
ああそうか、「尼崎=貧乏人の街」という概念に業者も
貧乏性になったんかな。
ミドリ電化(現エディオン)の創業者が10億円を尼崎城
建設に寄付したので、現在建築中だが、明治はじめ、
取り壊し前の立派な城とは程遠いところなんかも、貧乏性
やねと思う。第二次世界大戦の空襲で焼失した規模に、
木造で建替え中の名古屋城と比べるとかわいそうだが、
中途半端な尼崎城は、ミドリ電化のテレビCMの
「中途半端やのう」にならっているのかな。
広島県福山市の福山城くらいに出来なければ、尼崎に
城なんていらないと思う。
(ま、貧相な尼崎城は貧乏人の街、尼崎にはぴったりかも。)

地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)

大正生まれ

2018年08月02日
8月に入り、6日の広島、9日の長崎への原爆投下、
そして15日の敗戦、終戦と過去に想いを巡らせる日
がくる。
いろいろ調べると、大正生まれの戦死者が飛び抜
けて多いことがわかる。めぐりあわせで主力戦闘員
の年代がかたまったは悲惨だが、明治生まれの
上官にいいようにされたのもある意味悲劇かも
知れない。
本当は8月だけではなく、戦争好きな愚かな生き物の
過去の歴史を、たまに思い出すのがよい。
いつだったか、かなり前、長崎市長が昭和天皇の戦争
責任についての発言、表明がもとで、拳銃で襲撃
される事件があった。
「昭和天皇にも戦争責任はある。」
これがほぼ適切な表現と思われるが、自由に発言
出来ないことこそが問題なのに、天皇家に関することは、
タブー視する体質、昔から変わりませんね。
今年、2018年は明治150年と言って浮かれ気味だが、
明治生まれこそが、第二次世界大戦の泥沼突入
首謀者世代であることを忘れてはならない。

明治維新 → 明治以前生まれが原動力
泥沼の第二次世界大戦への突入 → 主に明治生まれが主導
第二次世界大戦の主力戦闘員 → 大正生まれ

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |