FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ストレートシックス(直列6気筒エンジン)

2018年12月24日
昔、大衆車くらいしか買えなかった人も、
クルマがすごく好きな方は少し背伸びし
たらストレートシックス(直列6気筒エンジン)
搭載のを入手できた。
エンジン全長は長いが、あの滑らかな
回転と音にはしびれた。
今はBMWとメルセデスベンツにしかない。

今のニッサンおもしろくない。車種が少な
すぎて…。トヨタもおもしろくない。
あらけずりながら、楽しめるクルマが
あった時代は想い出の中にしかない。

スポンサーサイト



うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

当ブログ記事内の人気のあるダウンロードリンク

2018年12月22日
当ブログ記事内の人気のあるダウンロードリンク

1.wlsetup-all.exe
Windows Essentials 2012 (16.4.3528.0331) 日本語版
(Windows 7 - 10)

http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-195.html

2.CDDP232Installer.exe
らくちんCDダイレクトプリント for Canon Version 2.3.2
(Windows XP - 10)

http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-254.html

3.wlsetup-all.exe
Windows Live Essentials 2009 (14.0.8117.0416) 日本語版
(Windows XP (- 10))

http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-195.html

4.IE8-WindowsXP-x86-JPN.exe
Windows XP 用 Windows Internet Explorer 8 日本語版
(Windows XP)

http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-70.html

MISC | コメント(0) | トラックバック(0)

ますます顕著「金持ちのエゴ」

2018年12月21日
結局保釈されずゴーン被疑者が再逮捕されたわけ
ですが、リーマーンショックの時の損失を日産に
払わせた特別背任が本当の狙いだったようです。
金持ちの金への欲望は、底なし沼の如きですね。
今や金持ちどもの論理は「金は手段を選ばず
儲けろ」と「奴隷化労働力はあたりまえ」ですからね。

てっきりきょうあたり、保釈保証金50億円あたりで
新記録期待してたのですが。
日産はそろそろルノー離れを考える時期なのかも。

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

Smart File Advisor を入れずに Alcohol 52% Free Edition 等をインストールする

2018年12月15日
= = = 解説 = = =

「Alcohol 52% Free Edition」(以下「Alcohol 52% FE」)や、
「Alcohol 120% Free Edition」(以下「Alcohol 120% FE」)
をインストールすると、アドウェアの「Smart File Advisor」
も一緒にインストールされてしまいます。
「Smart File Advisor」(以下「SFA」)をアンインストール
しようとすると、「Alcohol 52% FE」や「Alcohol 120% FE」
までもがアンインストールされてしまいます。

今までは、
「レジストリのインストールされているパス(ドライブ名)を
一時変更してから、『SFA』をアンインストールする方法」と、
「『Alcohol 52% FE』や『Alcohol 120% FE』のプログラム
フォルダ内のアンインストーラ『uninst.exe』を
『z_uninst.exe』等に一時変更してから、『SFA』をアン
インストールする方法」の二つがありました。

なんのことはなく、あらかじめ「Alcohol 52% FE」や
「Alcohol 120% FE」のスタンドアロン(オフライン)インス
トーラを準備し、PC のインターネット接続を遮断してから、
インストールまたはアップデートインストールすれば、
「Smart File Advisor」は導入されません。


*** 注意 ***
インストールするときは「Alcohol 52% FE」か
「Alcohol 120% FE」のどちらかひとつのみに
してください。
他メーカーの仮想ドライブソフトを使うときは、
先に「Alcohol 52% FE」等をアンインストール
してください。


= = = 「Alcohol 52% FE」のインストール方法 = = =

1.「http://www.filefacts.com/alcohol-52-free-edition-technical」
のページを開き、ファイル名の「Alcohol52_FE_2.0.3.11012.exe」
と、MD5ハッシュの「52baa6926873c4816e61a3204457b1e7」を
得ます。(さらに新しいバージョンが出た場合は読み換えを)
2.「http://mirror.filefacts.com/{ファイルのMD5ハッシュ値}/{ファイル名}」
がオフラインインストールするためのオフラインインストーラ
ファイルのダウンロードリンクになります。
3.1.から得た情報から、「Alcohol 52% FE 2.0.3.11012」の
ダウンロードリンクは、
「http://mirror.filefacts.com/52baa6926873c4816e61a3204457b1e7/Alcohol52_FE_2.0.3.11012.exe」
になります。
この URL からダウンロードし、任意の場所に保存します。
4.PC のインターネット接続を遮断します。
5.「Alcohol52_FE_2.0.3.11012.exe」を起動し、インストール
します。この際、おすすめのインストール時のコンポーネントの
選択は、「Multi-Language Files」のみか、
「Multi-Language Files」と「Desktop Shortcut」の二つを。
6.インストールが終わったあと、勝手に開いたブラウザは閉じ
ます。
7.アップデートインストールの場合も、一部表示が異なります
が、ほぼ同じ手順で出来ます。


= = = 「Alcohol 120% FE」のインストール方法 = = =

1.「http://www.filefacts.com/alcohol-120-free-edition-technical」
のページを開き、ファイル名の「Alcohol120_FE_2.0.3.11012.exe」
と、MD5ハッシュの「919af8e73b8a4550846d768ae2daae0f」を
得ます。(さらに新しいバージョンが出た場合は読み換えを)
2.「http://mirror.filefacts.com/{ファイルのMD5ハッシュ値}/{ファイル名}」
がオフラインインストールするためのオフラインインストーラ
ファイルのダウンロードリンクになります。
3.1.から得た情報から、「Alcohol 120% FE 2.0.3.11012」の
ダウンロードリンクは、
「http://mirror.filefacts.com/919af8e73b8a4550846d768ae2daae0f/Alcohol120_FE_2.0.3.11012.exe」
になります。
この URL からダウンロードし、任意の場所に保存します。
4.PC のインターネット接続を遮断します。
5.「Alcohol120_FE_2.0.3.11012.exe」を起動し、インストール
します。この際、おすすめのインストール時のコンポーネントの
選択は、「Multi-Language Files」のみか、
「Multi-Language Files」と「Desktop Shortcut」の二つを。
6.インストールが終わったあと、勝手に開いたブラウザは閉じ
ます。
7.アップデートインストールの場合も、一部表示が異なります
が、ほぼ同じ手順で出来ます。


= = = 「Smart File Advisor」のアンインストール方法 = = =

0.すでに「Smart File Advisor」が入ってしまったとき。
1.「C:\Program Files\Alcohol Soft\Alcohol 52」フォルダ
(32bit OS)か、
「C:\Program Files (x86)\Alcohol Soft\Alcohol 52」フォルダ
(64bit OS)、
「C:\Program Files\Alcohol Soft\Alcohol 120」フォルダ
(32bit OS)、
「C:\Program Files (x86)\Alcohol Soft\Alcohol 120」フォルダ
(64bit OS)を開きます。
2.フォルダ内の「uninst.exe」ファイルの名前を
「z_uninst.exe」等に変更します。
3.「C:\Program Files\Smart File Advisor\unins000.exe」
(32bit OS)か、
「C:\Program Files (x86)\Smart File Advisor\unins000.exe」
(64bit OS)を実行し、「Smart File Advisor」をアンインス
トールします。
4.2.で変更されているファイル名を元の「uninst.exe」に
戻します。


= = = 参考1 = = =

Alcohol Soft
http://www.alcohol-soft.com/

Alcohol 52% Free Edition (Latest Version) - Filefacts.com
http://www.filefacts.com/alcohol-52-free-edition-info
http://www.filefacts.com/alcohol-52-free-edition-technical

Alcohol 120% Free Edition (Latest Version) - Filefacts.com
http://www.filefacts.com/alcohol-120-free-edition-info
http://www.filefacts.com/alcohol-120-free-edition-technical

Alcohol 120% を語るスレ 七次会
(*この記事レスが参考文献になります。
ネット接続を遮断してインストール。)
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/cdr/1465489386/

名無しさんのコメント
(*この記事レスが参考文献になります。
「uninst.exe」をリネームし「SFA」を
アンインストール。)
http://fos.wp.xdomain.jp/archives/1831#comment-4363

「Windows 10 1803」に今年10月からのアップデートが適用
されていると、「Alcohol 52% FE」が正常に動作しません。
(作った仮想ドライブが消え去ります。)
「Windows 10 1809」にOSがアップデートインストールされる
と、不具合は解消されます。

2016年夏あたりは、「Microsoft Security Essentials」や、
「Windows Defender」が「Smart File Advisor」のインス
トールを阻止してくれましたが、現在は検知も阻止もして
くれません。


= = = 参考2 = = =

スタンドアロン(オフライン)インストーラを使っても、インター
ネットに接続された状態でインストールした場合はどうなるか。

1.インストール後、
「http://www.alcohol-soft.com/designzoo/install52.html?pid=Alcohol52_FE__2.0.3.11012&SFA=1
(http://www.alcohol-soft.com/install.php?pid=Alcohol52_FE__2.0.3.11012&SFA=1)」
か、
「http://www.alcohol-soft.com/designzoo/install120.html?pid=Alcohol120_FE__2.0.3.11012&SFA=1
(http://www.alcohol-soft.com/install.php?pid=Alcohol120_FE__2.0.3.11012&SFA=1)」
のページがブラウザで開く。
2.TEMPフォルダ(%TEMP%)内に「AxSFADownloader.exe」が
勝手にダウンロードされて、実行される。
3.さらに「nsXXXXX.tmp」(XXXXX:5文字のランダムな英数字)
フォルダが作られ、フォルダ内に「NSISdl.dll」と、
「Smart File Advisor」のインストーラ「sfa_inst.exe」が
ダウンロードされ、実行、インストールされる。
4.インストール完了後、「nsXXXXX.tmp」は削除されるが、
「AxSFADownloader.exe」は残る。

AxSFADownloader.exe
Smart File Advisor Downloader & Installer Setup

sfa_inst.exe
Smart File Advisor Setup 1.1.8


= = = 参考3 = = =

「レジストリのインストールされているパス(ドライブ名)を
一時変更してから、『SFA』をアンインストールする方法」
のレジストリファイル。

Alcohol52FE(32)_Path_Fake_Z.reg
-------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\Alcohol.exe]
@="Z:\\Program Files\\Alcohol Soft\\Alcohol 52\\Alcohol.exe"
"Path"="Z:\\Program Files\\Alcohol Soft\\Alcohol 52\\"

-------

Alcohol52FE(32)_Path_Default.reg
-------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\Alcohol.exe]
@="C:\\Program Files\\Alcohol Soft\\Alcohol 52\\Alcohol.exe"
"Path"="C:\\Program Files\\Alcohol Soft\\Alcohol 52\\"

-------

Alcohol52FE(64)_Path_Fake_Z.reg
-------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\Alcohol.exe]
@="Z:\\Program Files (x86)\\Alcohol Soft\\Alcohol 52\\Alcohol.exe"
"Path"="Z:\\Program Files (x86)\\Alcohol Soft\\Alcohol 52\\"

-------

Alcohol52FE(64)_Path_Default.reg
-------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\Alcohol.exe]
@="C:\\Program Files (x86)\\Alcohol Soft\\Alcohol 52\\Alcohol.exe"
"Path"="C:\\Program Files (x86)\\Alcohol Soft\\Alcohol 52\\"

-------

Alcohol120FE(32)_Path_Fake_Z.reg
-------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\Alcohol.exe]
@="Z:\\Program Files\\Alcohol Soft\\Alcohol 120\\Alcohol.exe"
"Path"="Z:\\Program Files\\Alcohol Soft\\Alcohol 120\\"

-------

Alcohol120FE(32)_Path_Default.reg
-------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\Alcohol.exe]
@="C:\\Program Files\\Alcohol Soft\\Alcohol 120\\Alcohol.exe"
"Path"="C:\\Program Files\\Alcohol Soft\\Alcohol 120\\"

-------

Alcohol120FE(64)_Path_Fake_Z.reg
-------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\Alcohol.exe]
@="Z:\\Program Files (x86)\\Alcohol Soft\\Alcohol 120\\Alcohol.exe"
"Path"="Z:\\Program Files (x86)\\Alcohol Soft\\Alcohol 120\\"

-------

Alcohol120FE(64)_Path_Default.reg
-------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\Alcohol.exe]
@="C:\\Program Files (x86)\\Alcohol Soft\\Alcohol 120\\Alcohol.exe"
"Path"="C:\\Program Files (x86)\\Alcohol Soft\\Alcohol 120\\"

-------


*2018年12月18日(火)
「= = = 参考1 = = =」に一部追記。

工作・工夫 | コメント(4) | トラックバック(0)

「Alcohol 52% FE」に入ってしまうアドウェア「Smart File Advisor」

2018年12月13日
*新記事
「http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-334.html」
の方が簡単に「Smart File Advisor」を入れないで
「Alcohol 52% FE」や「Alcohol 120% FE」をインストール
出来ます。2018年12月15日(土)


仮想ドライブソフトの「Alcohol 52% FE」をインストールすると、
もれなくアドウェアの「Smart File Advisor」が勝手に入って
しまいます。「Smart File Advisor」をアンインストールしようと
すると、「Alcohol 52% FE」も道づれにアンインストールされて
しまいます。従来はレジストリをいじる方法が主流でしたが、
「Alcohol 52% FE」のアンインストーラ「uninst.exe」をリネーム
する方法でも出来ます。
ここでは、リネームする方法を載せています。


= = = 「Alcohol 52% FE」のインストール方法 = = =

1.「http://www.filefacts.com/alcohol-52-free-edition-technical」
のページを開き、ファイル名の「Alcohol52_FE_2.0.3.11012.exe」
と、MD5ハッシュの「52baa6926873c4816e61a3204457b1e7」を
得ます。(さらに新しいバージョンが出た場合は読み換えを)
2.「http://mirror.filefacts.com/{ファイルのMD5ハッシュ値}/{ファイル名}」
がオフラインインストールするためのオフラインインストーラ
ファイルのダウンロードリンクになります。
3.1.から得た情報から、「Alcohol 52% FE 2.0.3.11012」の
ダウンロードリンクは、
「http://mirror.filefacts.com/52baa6926873c4816e61a3204457b1e7/Alcohol52_FE_2.0.3.11012.exe」
になります。
この URL からダウンロードし、任意の場所に保存します。
4.「Alcohol52_FE_2.0.3.11012.exe」を起動し、インストール
します。この際、おすすめのインストール時のコンポーネントの
選択は、「Multi-Language Files」のみか、
「Multi-Language Files」と「Desktop Shortcut」の二つを。
5.インストールが終わったあと、勝手に入ってしまうアドウェア
「Smart File Advisor」の削除操作をします。



= = = 「Smart File Advisor」のアンインストール方法 = = =

1.「C:\Program Files\Alcohol Soft\Alcohol 52」フォルダ
(32bit OS)か、
「C:\Program Files (x86)\Alcohol Soft\Alcohol 52」フォルダ
(64bit OS)を開きます。
2.フォルダ内の「uninst.exe」ファイルの名前を
「z_uninst.exe」等に変更します。
3.「C:\Program Files\Smart File Advisor\unins000.exe」
(32bit OS)か、
「C:\Program Files (x86)\Smart File Advisor\unins000.exe」
(64bit OS)を実行し、「Smart File Advisor」をアンインス
トールします。
4.2.で変更されているファイル名を元の「uninst.exe」に
戻します。


= = = 参考 = = =

Alcohol Soft
http://www.alcohol-soft.com/

Alcohol 52% Free Edition (Latest Version) - Filefacts.com
http://www.filefacts.com/alcohol-52-free-edition-info
http://www.filefacts.com/alcohol-52-free-edition-technical

名無しさんのコメント
(*この記事レスが参考文献になります。)
http://fos.wp.xdomain.jp/archives/1831#comment-4363

「Windows 10 1803」に今年10月からのアップデートが適用
されていると、「Alcohol 52% FE」が正常に動作しません。
(作った仮想ドライブが消え去ります。)
「Windows 10 1809」にOSがアップデートインストールされる
と、不具合は解消されます。

工作・工夫 | コメント(0) | トラックバック(0)

中華鬼芯片

2018年12月12日
中国製ネットワーク機器に、本来の働き以外の
隠し機能を実現するためのICチップが搭載され
ていたらしい。
別に余分なチップが載ってなくても、アンドロイド
スマホなんか常にどこかへ勝手に情報を送って
いたりする。スマホ超初心者なので、どういう
設定があまり個人情報を収集されないかイマイチ
わからない。

Windows 10 1803 を使っていたが、Windows
Update で Windows 10 1809 へのアップデート
を半ば強制的にしようとするから、ISOイメージ
からファイル展開したものからインストール
した。
Windows 10 は新しいバージョンになればなる
程動作が鈍重になり、OSの起動、終了に時間
が掛かるようになる。
1809 になってよいことはただひとつ、1803 の
今年10月からのアップデートから仮想ドライブ
の Alcohol 52% が動作しなかったのが 1809 で
正常に動作することになった。
秀丸スタートメニューを使って古いOSぽくして
いる。機能てんこもりでなくていいから、動作が
軽快で、見た目はあっさりしているOS、マシン
はこの世にないだろうか。

うだうだ文句言いはほどほどで、使いこなせて
ナンボって言われそう。(自爆)

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

二種類ある Microsoft Update カタログ

2018年12月07日
Microsoft Update カタログ には二種類あります。
別窓でダウンロードのリンクが表示される新タイプの
「Microsoft Update カタログ」と、
バスケットに追加して行き、一気にダウンロードする
旧タイプの「Microsoft Update カタログ V7」が
あります。
(以下検索は「POSReady 2009」のときの一例)


Microsoft Update カタログ (新タイプ)
http://www.catalog.update.microsoft.com/Home.aspx

Microsoft Update カタログ 検索 「POSReady 2009」
http://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=POSReady+2009

「最終更新日時」をクリックすると新しい日時順に
並べ替えが出来ます。
更新プログラム各項目の右端に「ダウンロード」
ボタンがあり、「ダウンロード」ボタンをクリック
すると別窓が開き、リンクが表示され、ここから
リンクURLのコピーやダウンロードが出来ます。


Microsoft Update カタログ V7 (旧タイプ)
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Home.aspx

Microsoft Update カタログ V7 検索 「POSReady 2009」
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=POSReady+2009

「最終更新日時」をクリックすると新しい日時順に
並べ替えが出来ます。
ページの右上に「バスケットの表示 」があり、
更新プログラム各項目の右端に「追加」ボタンが
あります。「タイトル」をクリックすると別窓が
開き、「言語の選択」のタブから言語を選択出来
ます。ここに「バスケットに追加」ボタンもあり
ます。
(デフォルトで日本語版か多言語対応版どちらかに
なります。)
バスケットに追加して行き一気に指定した
フォルダにダウンロードします。

MS SOFT | コメント(0) | トラックバック(0)

「酸が効く『サンポール』」

2018年12月06日
今年は入院生活が複数回で、また長引いた。
トイレ掃除をしたが、塩素系の「トイレハイター」では
汚れがこびりついて取れない。クリームクレンザー
でこすってもなかなか取れない。「確か父がまだ生き
ていたころ(2010年)の酸性タイプのが残ってたはず。」
子どものころの「小林脳行(こばやしのうこう)」ブランド
ではないが、
「キンチョー」ブランドの「サンポール」が
極少量ながらあった。さすが主成分が塩酸、こびり
ついた汚れは取れた。「酸が効く『サンポール』」は
確かに効いた。紙ラベルがボロボロの年代物を
使い切った。

近所のスーパーでさっそく買った。酸性タイプ以外の
塩素系などが多数占めている中、「サンポール」は
ひとり(売場)棚の最下段で頑張っていた。


*2018年12月20日(木)
記憶違いで「キンチョー」ブランドの前は、「小林脳行
(こばやしのうこう)」ブランドではなかったようです。
取り消し線を入れました。タイトルから、「小林脳行」
を削除しました。

工作・工夫 | コメント(0) | トラックバック(0)

タイム・トンネルDVD-BOX

2018年12月04日
2008年の秋から2009年の春にかけ、かなり前にNHK
テレビで長期間放映されていたドラマ、「大草原の小
さな家」のDVD-BOXをシーズン1~7を順次大人買い
しました。
そうしたら、数年後(2年後くらい?)に約半値になった
のが発売された。う~ん。

「タイム・トンネル」のDVD-BOXを2017年1月にVoi.1、2
のDVDが出ているのをやっと気づき、買った。
しばらく廃版になっていたと思ったら、最近、約半値に
なった版が出ていた。
「大草原の小さな家」の時と同じやん。がっくり。

どうしても欲しいマニアの足元を見透かされているのは、
半分仕方がないかもしれない。しかし、数年後に約半値
の版が出ると、情熱も半減する。
購入する機会を失い、廃版になってしまうより、まだ高め
の値段でも入手し、楽しめるのは幸せなのかも。

うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)

Windows XP Professional

2018年12月04日
Windows XP Professional with Service Pack 3 (x86)
をインストールし、各種テストなどで試用するための
ファイルです。(各種テスト用)(常用不可)


https://web.archive.org/web/20150726114712if_/http://amagaeru.dip.jp/files/GRTMPVOL_JA.ISO

https://web.archive.org/web/20150726135646if_/http://amagaeru.dip.jp/files/GRTMPVOL_JA_I386.EXE

https://web.archive.org/web/20150726135039if_/http://amagaeru.dip.jp/files/I386.REG

https://web.archive.org/web/20150726114444if_/http://amagaeru.dip.jp/files/VOLUME_LABEL.TXT


GRTMPVOL_JA.ISO
700MBのCD-Rにライティング可能。

GRTMPVOL_JA_I386.EXE
「C:」ドライブのルートディレクトリに
「I386」フォルダを展開(自己解凍)。
「I386.REG」も併用。

I386.REG
CDメディアではなく、「I386」フォルダ
を参照するように。

VOLUME_LABEL.TXT
ボリュームラベルなどのメモ書き。

WINXP | コメント(0) | トラックバック(0)

APN設定が消えた

2018年12月02日
ことし6月下旬から UQ mobile と契約し、スマホを
使っています。
UQ mobile のメールオプションも追加契約し、MMS
メール(xxxxxxx@uqmobile.jp)を使っています。
APN設定のうちMMSメール関連の項目の設定を
確認のため、スマホの設定を開きました。
そうしたらなぜか操作を誤り、「UQ mobile」の
設定を削除してしまった。

SIMフリー機種の「AQUOS R compact (SH-M06)」
を使っているので、主要な社のAPN設定は、
プリセットしてあります。このプリセットされている
「UQ mobile」分を消したことになります。

PCと違い慣れないスマホでどうしようかと一瞬
戸惑いました。(超初心者バレバレ)
なんのことはなく、プリセットされたAPN設定を
「初期設定にリセット」で回復出来ました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
SIMフリー機種に予めプリセットされたAPN設定が
消えた場合、復活出来る。
(「AQUOS R compact (SH-M06)」での操作例)

「設定(歯車アイコン)」をタップ
→ 「ネットワークとインターネット」をタップ
→ 「モバイル ネットワーク」をタップ
→ 「アクセスポイント名(APN)」をタップ
ここで「UQ mobile」がリストにない
→ 画面右上の「…(縦三点)」をタップ
→ 「初期設定にリセット」をタップ
「UQ mobile」が復活
→ メールオプション追加契約のときは
→ 次のMMSメール項目も設定する
MMSC:http://mms.ezweb.ne.jp/MMS
MMSポート:80
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
UQ mobile APN設定 (参考)

*名前(解り易い任意名もOK):UQ mobile
*APN:uqmobile.jp
プロキシ:未設定
ポート:未設定
*ユーザー名:uq@uqmobile.jp
*パスワード:uq
サーバー:未設定
**MMSC:http://mms.ezweb.ne.jp/MMS
MMSプロキシ:未設定
**MMSポート:80
MCC:440
MNC:51
*認証タイプ:CHAP
*APNタイプ:default,mms,supl,hipri,dun
*APNプロトコル:IPv4/IPv6
*APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
(APNの有効/無効:ON)
ペアラー:指定なし
MVNOの種類:None
(MVNO値:未設定)

*:設定が必要な項目
**:UQ mobile メールサービス で設定が必要
():通常グレーアウト
無印:デフォルトのままでOKな項目
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

MISC | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |