04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

マルウェア対策エンジン 1.1.12505.0

2016年03月04日
3月3日(木)夜、手動で Microsoft Security Essentials の定義ファイルの
更新をしたら、マルウェア対策エンジンのバージョンが 1.1.12505.0 に
上っていました。
「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC」だとエラーとなり、うまく
いかない場合があります。この場合「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate」を
実行します。他には、「MpCmdRun.exe -RemoveDefinitions -All」の後、
「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC」を実行する方法もあります。

エンジンのバージョン:1.1.12400.0 → 1.1.12505.0
ウイルス、スパイウェア対策の定義:1.213.xxxx.0 → 1.215.xxxx.0

マルウェア対策エンジン(Microsoft Malware Protection Engine)の脆弱性か
不具合等への対応だと思われます。
今回は、定義ファイルのバージョンが 1.213.7751.0 を超え、差分ファイルが
肥大化したため、この解消も考えられます。

なお、Microsoft Security Essentials 4.4.304.0 にも適用可能です。

スポンサーサイト
MS SOFT | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示