04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

「JR尼崎駅西地下道」がようやく7月31日(日)午後1時から供用開始

2016年06月20日
開かずの踏切として全国的にも有名だった「池田街道踏切」の跡に
建設中のアンダーパス「JR尼崎駅西地下道」が、ようやく7月31日(日)
午後1時から供用が開始されるらしい。
2008年11月18日(火)午前7時の踏切閉鎖から、事業終了の2016年
7月31日(日)まで何年掛かってるねんと、ツッコミを入れたい。
(現在の尼崎市のHPによると、「事業期間:平成13年度から平成28年度
(予定)」となっていますが、それにしても長いねぇ。よく調べてみると、
過去のページでは、「事業期間:平成13年度から平成26年度(予定)」と
なっています。)
先頃自転車で工事用塀の横を通りましたが、隙間からはもう出来上がって
いるように見えました。雨水(あまみず)で中央部分が水没していましたが。

ここよりさらに西に行くと、鉄道トラス橋で日本で一番カーブがきつい
東海道本線をまたぐ福知山線の長洲跨線線路橋があります。
しかし、列車の走行時、凄まじい騒音が廻りに撒き散らされていました。

そうそう、この長洲跨線線路橋のそばに今は無き丸三米穀(まるさんべいこく)
の倉庫があったっけ。(現在は越山酒販(こしやましゅはん)の倉庫になっている。)
米穀卸売の優等生と言われた丸三米穀も、作況指数の予測違いで過剰在庫を
抱え、そして清算されるとは誰も思っていなかっただろう。


*2016年7月10日(日)
後日、正式な供用開始は8月1日(月)ではなく、7月31日(日)午後1時からに
なりました。お詫びいたします。
本文中「8月1日(月)」は、「7月31日(日)午後1時」に、
タイトルも同じように訂正しました。ペコリ
あと、なぜ開通、供用開始が大幅に遅れたか、大まかな原因が判りました。
アンダーパス掘削工事の残土に、環境基準を上回るヒ素が含まれていて、
これらの対策に時間と手間、経費が余計に掛かったということです。
丸三米穀(まるさんべいこく)関連も訂正があります。
本文中の「米穀販売」を「米穀卸売」に訂正しました。ペコリ
長洲跨線線路橋の読みは、「ながすこせんせんろきょう」です。

スポンサーサイト
地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示