10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

社会の見方・私の視点

2016年07月24日
ラジオを消し忘れたり、つけっぱなしで寝ていたりは、毎度の
ことです。
でも、これにもいいことがある。NHK第一のマイあさラジオの
「社会の見方・私の視点」でなかなか興味深いことや、知ら
なかったことを学べる。
7月19日(火)の内橋克人さんの「同一労働・同一賃金とは
何か?」は、面白かった。ILOの「最優先条約」8条約のうち、
日本が2つも未批准なのをかなり前から知っていたが、
忘れていて、これを思い出させてくれた。
日本(にほん)が先進国ですって、2つも未批准なのに
ちゃんちゃらおかしい。
世間では、チャラくていい加減な感じの人と見られがちな
森永卓郎さんの話しも、知らないことを知れたり、この
NHKラジオのコーナーでは逸材の一人だと思う。
しかし、現政権、役人、金持ち、経営者層にとってマイあさ
ラジオの「社会の見方・私の視点」は、放送してほしくない
目の上のたんこぶかもしれない。日頃批判を受けるNHKでは
あるが、このコーナーを持ち、放送し続けていることについては、
エールを送りたい。
(*原子力発電についてのネタは、なんらかの圧力により放送
中止になった。このへんは、屈することなく放送して欲しかった。
インターネットサイトに中止になった回の文字原稿があります。)

いつの時代もそうだが、人民が生き生きと生きてゆくには、
労働環境の充実と、自由な発言力の獲得が要る。
「世のため、人のため」すら忘れた、省みない一握りの
人々によって今の閉塞感、絶望感はもたらされている。
儲けの一部は社会に還元するという考えのない、自己中心の
変態金持ち、経営者が蔓延する昨今、所得税の累進課税を
強化し、富の再分配を図らないと、日本(にほん)における
現代版奴隷制度の発芽を阻止することは出来なくなる。

一人の主人(マスター)に九十九人の奴隷(スレーブ)がいる
社会を誰が望むのでしょうか。


(ああそうか、製造業への派遣労働解禁は、現代版奴隷制度の
序章で、労働環境や労働法制に関することを学校で教えたくない
国の態度は一連の流れと合致している。)

スポンサーサイト
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示