10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

タバコと菓子職人

2016年11月14日
二年ほど前からハロウィンの時期も仕事場、洋菓子工場は
忙しくなってきた。
日本(にほん)という国、国民は、いろいろなものを取り込むのが
好きなようで、ハロウィン以外にもかつては大阪および大阪周辺の
一地域の縁起担ぎ行事の節分の恵方巻きの丸かぶりが、今や
全国区になっている。さすがに広島の盆燈籠(ぼんとうろう)のように
ローカルに留まったままのものもありますが。
そうそう鹿児島では子どもの成長を祝う行事は、七五三よりも
七草祝(ななくさいわい)のほうがメジャーだったりする。
神戸の小学校で当たり前のように使われているノート、神戸ノート
(別称:関西ノート)というのも神戸限定です。
あぁ、前置きで大幅に脱線してしまった。(反省)

洋菓子製造工場では、10月末あたりから12月末までの期間限定で、
派遣会社経由のバイト要員の方がやってくる。わたくしのところにも
ひとり補充され、仕事が廻らなかった状況が改善され、やれやれと
いう状況になっていた。ところがです、こともあろうことに、他部署も
含め、計2名の派遣バイトが喫煙所以外のトイレで喫煙して11月
第一週にクビになった。昔の不良高校生ではあるまいしと思ったが、
実際に起った。他部署は補充の方が派遣会社からやってきたが、
わたくしのところにはこない。これからクリスマス向けの製品が、
冷凍倉庫保存半製品製造で忙しくなってくるのに、困ったもんだ。
まぁ、そのうち補充されるだろう。

勤務していて思うことがある。菓子職人は味に敏感でなければ
ならないから、喫煙者はほとんどいないだろうと思っていたのが、
ことごとく裏切られてしまった。結構喫煙者がいる。
わたくしが経営者だと、喫煙者は絶対に雇わない。
しかし、現実は違う。
アメリカでは、喫煙者は出世しないという。
日本(にほん)の菓子職人の世界では、喫煙、非喫煙は関係ない
らしい。
(実際には喫煙者の味覚は、非喫煙者より劣る。この辺は職場でも
経験した。)

かなり前、高校生のときに菓子製造工場でバイトしていたことが
あった。そのころにくらべて、現在の洋菓子工場の半製品の冷凍
保存の多いこと。タバコとは関係ないが、喫煙者の多さ以外に
冷凍保存の多さにもびっくりした。

スポンサーサイト
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示