09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

MSE 4.4.304.0 を Windows XP (POSReady 2009) で快適に使う

2017年05月25日
* XPをクリーンインストールし、Microsoft Update / Windows
Update を使用、必要なパッチを当てた状態のマシンでは、この
手法を使っても定義ファイルの更新はうまくいきません。
また、「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC」も同様に
うまくいきません。
POSReady 2009 に擬装化し、さらに Microsoft Update /
Windows Update でパッチを当てた状態ではじめてうまくいきます。
お詫びとともに、この事実を記載します。(ペコリ)
(2017年6月12日(月)追記)


Microsoft Security Essentials Version 4.4.304.0 を、
Windows XP または POSReady 2009 に擬装化した XP で
快適に使うには、一工夫すればいい。
(XP で MSE 4.4.304.0 の定義更新が出来ない - 2017年版)


=== うだうだ考察編 ===

1.定義ファイルの更新(Signature Update)がうまくいかなく、
MpCmdRun.exe(Malware Protection Command Line Utility)を
使い、Microsoft Malware Protection Center (MMPC) のサーバ
から更新する場合のみうまくいく。

C:\Program Files\Microsoft Security Client\MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC

2.Microsoft Security Essentials を開き、「更新」タブの
「更新」ボタンをクリックした場合や、コマンドラインユーティ
リティで「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate」を実行した場合は、
Microsoft Update Server に接続される。
この場合、いつまでも待たされるか、かなり経ってからエラー
表示で止まるかのどちらかで、まったく定義ファイルは更新
されない。

3.定義ファイルの更新を、ショートカットやバッチファイルで
「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate -MMPC」にて行うのは、
マイクロソフトの旧OSへの切り捨てといやがらせに屈服するようで
気分が悪い。

4.そこでレジストリ廻りを調べてみた。
「[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Antimalware\Signature Updates]」
の「"FallbackOrder"="MicrosoftUpdateServer|MMPC"」が接続する
サーバ、および順序であることが解った。

5.これなら Registry Editor (regedit.exe) で設定を書き換えれば
楽勝じゃんと、「"FallbackOrder"="MMPC"」にしようとしたがエラー
表示が出てうまくいかない。

6.「Signature Updates」キーを右クリックしたら「アクセス許可」が
コンテキストメニュー(Context Menu)に現れた。
これをクリックし、「Administrators」のアクセス許可を「SYSTEM」と
同じように、「フル コントロール」、「許可」にチェック入れ変更した。
これでようやく書き換えが出来た。
のちに書き換え前のアクセス許可に戻しておくほうがいいだろう。

7.この後、「更新」タブの「更新」ボタンをクリックしての
定義ファイルの更新(Signature Update)は、サクサク動作するように
なった。


=== 操作編 ===

1.キーボードの「Windowsキー」+「Rキー」を押し、「ファイル名を
指定して実行」を開く。

2.名前入力欄に「regedit」と入力して「OK」をクリックし、Registry
Editor (regedit.exe) 起動する。

3.「[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Antimalware\Signature Updates]」
キーまで辿る。

4.「Signature Updates」キーを右クリックし、「アクセス許可」を
クリックする。

5.「Administrators」のアクセス許可を「SYSTEM」と同じように、
「フル コントロール」、「許可」にチェック入れる。

6.「Signature Updates」キー直下の文字列「FallbackOrder」の
値を「MicrosoftUpdateServer|MMPC」から「MMPC」に書き換え、変更
する。

7.場合によっては、4.、5.の操作で変更した「アクセス許可」
関連を元の設定に戻す。

8.MSE、「更新」タブの「更新」ボタンをクリックして動作が
スムーズかを確かめる。


=== その他 ===

Microsoft Security Essentials Version 4.4.304.0 のダウンロードは、
以下の記事内にリンクがあります。

XP で MSE 4.4.304.0 の定義更新が出来ない
http://trekkerworld.blog.fc2.com/blog-entry-153.html


*2017年5月28日(日)
本文4行目に
「(XP で MSE 4.4.304.0 の定義更新が出来ない - 2017年版)」
を追記しました。
また、レジストリエディタで、「Signature Updates」のアクセス
許可うんぬんは、フルコントロールに変更のままでもいいかと
思います。
「Signature Updates」以下には更新時間間隔とか、弄って
おもしろそうな項目もありますので。

*2017年6月12日(月)
「Signature Updates」のアクセス許可の設定は、ウィルス等に
よってレジストリの改変もありうるので、必要な操作のあと、
元に戻すのがよいかもしれません。
XPをクリーンインストールし、Microsoft Update / Windows Update
を使用、必要なパッチを当てた状態のマシンでは、この手法を
使っても定義ファイルの更新はうまくいきません。
POSReady 2009 に擬装化し、さらに Microsoft Update / Windows
Update でパッチを当てた状態ではじめてうまくいきます。
文頭にこの旨を記載しました。

スポンサーサイト
MS SOFT | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは。
いつも有難うございます。
こちらの記事を参考にVistaでもMSEを使えるようになりました。
手順を一部引用させていただきました。
お忙しいのに…
お忙しいのに、検証と新たな記事の掲載をしていただき、
有難うございます。

管理者のみに表示