06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

98円本(税別)

2017年07月12日
例のごとく、早く仕事が終った(午後4時15分)ので、夕食と明日の朝食の
ヨーグルトを買いに近くのスーパーに出かけた。
3階に本のセールをしていた。いわゆる新古本というもので、特価98円
(本体価格)のもあり、3冊買ってしまった。観賞魚の飼育関連の本を2冊と、
「カクテル銘酒事典 橋口孝司著 新星出版社」というカクテルの本を買った。
「カクテル銘酒事典」は、ちまたで新本で売られていたころは、税別
1500円もしているのには驚いた。イーグルスの曲で「テキーラ・サンライズ」と
いうのがあったが、そのへんのことも書かれていた。
シンガポール・スリングの項目では、シンガポールのラッフルズ・ホテルの
逸話とかあっておもしろい。
詳しくないカクテルの知識、空白域を少しは埋められるだろう。

少し幸せな気分になれた。


*2017年7月12日(水) 以下追記
今は「早く人間になりたい」と叫びたいほどの貧民生活(*)だが、10年ほど前は
晴耕雨読な生活で、小金持ち(*)だった。よく目的地なしのドライブに出掛けた。
クルマで聴くお気に入りの一枚のCDアルバムにイーグルスのベストアルバム
があった。確か明石のイトーヨーカドー専門店、新星堂で買った輸入盤だった
かな。同じものがアマゾンでも扱っているようだ。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00005KC9M
イーグルスのベストアルバムには数種類あるようですが、このアルバムの曲と、
曲順はすごく気に入っています。
クルージングしながら聴くと至福の時を過ごせられた。(=過去形、悲しー)

(*)「早く人間に…」…ほどの貧困生活=親族に資産を騙し盗られ、父も所有土地を
売却させられ現金化したものを巻き上げられる。土地売却後、父は用済みなのか
面倒をロクに見てもらえずに、父以外だれもいない家でひっそり死亡。のちに発見
されるが、これらの事態を暴かれるとまずいのか、親族の医者に死亡診断書を書かせ、
わたくしが父の死を知ったのは、13日後。
のちに、数年後に親族縁者にわたくしに知らせないよう強力に口止めしていたことが
わかる。いちじお金が底をつく。市役所ではしきりに生活保護受給申請をするよう
勧められるが拒否。飢餓状態になり死の一歩手前にまでゆく。
なんとか低賃金の仕事を見つけ働くも、繁忙期以外は、生活保護受給者よりはるかに
低いギャラで生活。(繁忙期以外は午後3時で仕事上りなことも)
なかなか浮上出来ないでいる。
(*)小金持ち=現金預金とすぐに換金出来る金融商品を含め、不動産を含めない
現金ベースで最低でも1億円を軽く超える資産がある状態のこと。またはこの状態に
ある人のこと。

なんか、この追記で、少し明るいネタが、暗くなってしまった。(反省)

スポンサーサイト
地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示