fc2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

山陰東浜の美少女(さんいんひがしはまのびしょうじょ)

2018年04月10日
高校1年生の夏、学校から臨海学校に鳥取県の山陰本線
東浜駅(ひがしはまえき)近くの民宿がたくさん集まって在る
ところで泊まった。昼間は、東浜海水浴場で水泳の訓練が
あった。元々泳ぎが苦手だったので、遊泳可能範囲と沖との
堺にあるブイにつかまったりと、誤魔化しながら遠泳訓練を
受けた。
夜は、ボランティアで来ている卒業生の大学生が下ネタも
含めて、アホなネタを披露していた。ま、お笑い芸人では
ないので、そのうち聞くのも飽きてくる。
そこで、ふらっと一人夜の散歩に出掛けた。あの辺は
ど田舎で街灯もほとんどなく、都市部、市街地では経験
出来ない程の闇が広がっていた。あるのは、沖合の漁船の
漁火と、満天の星だけ。
なかなか暗さに目が慣れないまま、しばらく歩くと透明ガラス
の大きい窓のある和風家屋が明るさを放ち現れた。
外からでも部屋の様子がはっきりと判る。モノクロ写真が
飾ってある、おそらく四十九日(しじゅうくにち)を迎えるまでの
祭壇と思われる。
自分とさほど歳の違わない美少女の写真だった。
あまりにも美しく、それが余計に薄命への哀しみを誘う。
どのくらいの時間かわからないが、フリーズしたまま
写真を見つめていた。
「さ、戻ろう。」自分に言い聞かせ、やっと民宿へ戻った。
同じクラスの誰にも言わなかった。
最終日の前夜、キャンプファイヤーをし、全員でたいまつを
海に向かって燃やした。
たいまつの先に巻いてあるボロ布の灯油の浸み込みが
悪いのか、例の美少女がこの世に未練があるのかわから
ないが、一人燃えないたいまつを掲げていた。

スポンサーサイト



地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示