05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

逝った人

2018年06月05日
去年日本で1年間で134万4千人の方が亡くなったらしい。
人数を365で割ってもびっくりするくらいの数字になる。
あの1995年の地震のとき、しばらくしてからおじさんが亡くなった。
しかし、火葬場の都合か、地元のブドウ栽培で有名な市ではなく、
大阪市内の火葬場で荼毘にふされた。
東日本大震災のときは、特例として多数の方が土葬になった。
地震をはじめ、災害の多い国、日本(にほん)にとって、今後
人口密集地、都市部で被災者、死者が多数でると完全にお手上げ
になるだろう。ああ、前振りが長くなってしまった。

中学1年のとき、隣の席の女の子が亡くなった。夫婦仲が悪かった
ようで、母親が子ども2人を道づれに無理心中し、1人の子は生き
残ったが、同級生は母親と伴に亡くなってしまった。
高校3年のときは、同じクラスの女の子が、自殺した。あとで知った
のだが、片眼が義眼だったらしい。自殺の動機はわからない。

少し、この世、社会に醒めている高校生のときより、まだ多感な
中学生のときは、結構ショックだった。
きのうまで隣の席に座っていた子が、きょうはもういないって、また、
無理心中の犠牲という理不尽は、中学生にとっては自分のことでは
ないにせよ、きつい。

お経の「されば、朝には紅顔ありて夕には白骨となれる身なり。すでに
無常の風きたりぬれば、即ち二つの眼たちまちに閉じ、一つの息ながく
絶えぬれば、紅顔むなしく変じて、桃李の装いを失いぬるときは、
六親眷属あつまりて嘆き悲しめども、さらにその甲斐あるべからず。」
を思い出してしまった。

ああ、ちょっとへばっていて気弱なのかなぁ。過去の暗い想い出を
想い出してしまった。

スポンサーサイト
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示