08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

福知山線の想い出

2013年08月08日
あの2005年の事故のもっと前、まだ全線複線電化されてなく武田尾あたりは武庫川
沿いに走っていたころの想い出。


尼崎駅を出たDD51(ディーゼル機関車)牽引の客車が、進行方向を北へかえるため、
ゆっくりと右カーブしながら東海道線の上を跨ぎ越えてゆく姿は、都会の中のロー
カル線という感じだった。何か時代に取り残された感じが、のんびりしている様が
とても好きでした。
武庫川沿いを走る区間は、速度もそれほど出ていなくて、車窓の風景をゆったり
楽しめました。

こういう状況だったので、大阪あたりから宝塚へ向かう人々は、福知山線より阪急
宝塚線を使うほうが圧倒的に多かった。また、旧国鉄宝塚駅は阪急宝塚駅より貧弱な
駅舎で、閑散としていました。
ところがです、(兵庫県)三田市のニュータウン開発や、福知山線沿線の開発が計画、
実行されるのに合わせ、武庫川沿いに走る区間等は複線電化が出来ないとの理由で、
新たなルートに付け替えられます。

福知山線の複線電化が完了すると、列車本数の増加、所要時間の短縮が行われ、
宝塚までの輸送は、阪急電車の一人勝ちから逆転し、JRの圧倒的勝利に終ります。
また、東海道、山陽本線の複々線と直線部分の多さなどから、JRは他の競合する
私鉄にもこれら区間は、福知山線全面複線電化前すでに一人勝ちしていました。
京阪神近郊区間の東海道線、山陽本線と福知山線の輸送実績の圧倒的一人勝ちを
死守すべく、JR西日本の(井出)南谷垣内体制は安全よりスピードアップと利用者
の増加と、経営の効率化を追求します。このことが2005年4月25日(月)の大事故の
一因になりました。
しかし、鉄道会社の上にたつ者が、現場のたたき上げでないにしろ、責任ある
ポストに就いた折には、安全にかかわることに対して最低限の知識を習得
する義務があると思います。なのに、裁判では、知らなかったうんぬんと
言い逃れています。責任から逃れるための(限りなく嘘に近い)言いぐさなのか、
まったくもって、鉄道安全の知識習得をしていなかったのかは、当事者が本当の
ことを言わない限り、神のみぞ知ることなのでしょう。
万が一(億が一)おこらないですが、わたくしが社長になったとしたら、安全に関する
知識習得は勿論のこと、危険なカーブがどのくらいあり、どういった(安全)装置が
つけられているとか、カーブ以外の危険個所の状況とか、みっちり把握した上で、
職務に忠実に生きていきます。
これらのことは、例のよく飛ぶボールでの加藤良三コミッショナーのときにも
当てはまるのですが。
そうそう、日本TVのスッキリ!!で、よく飛ぶボール問題のネタで、加藤浩次お笑い
タレントが本村健太郎弁護士の「野球以外のところからの方の起用は問題ありますねー」
に対して、いきなり食って掛かって発言を否定抹殺していたことを思い出しました。
苗字が同じ加藤だから、親戚なんでしょうかねー。まぁ、TV放送に携わる人は、
全般にレベルが低いですから、ああいったレベルの低い芸人でもやっていけるのかも
しれません。
ありゃりゃ、話しが脱線してしまいました。

福知山線の事故当日は、家にいて、やたらとうるさいヘリコプターの音で、一瞬あの
阪神大震災の時の記憶が甦ってきました。すぐにTVをつけると、福知山線で事故が
起きていることを知りました。
家から買い物に自転車で出ると、庄下川の支流の堤防の道(駐車禁止道路)には、
報道関係者の車や、報道関係者がチャーターしたハイヤー、タクシーがいっぱい駐車
していました。
阪神大震災もそうですが、マスコミが報道の使命を帯びて、活動しているのだといくら
言おうが、当事者や、現場、現場周辺の住民にとってマスコミは、邪魔者でしかありません。
ヘリの多さには、まいりました。阪神大震災以来の多さです。爆音がすると、救出活動に
支障があるわけで、自粛するなり、どこかが代表で1機飛ばす、飛ばすときは高性能な
カメラを使い、高空、遠隔から映すとかしたらどうでしょうか。

なんか話しの流れが、はちゃめちゃで、とりとめのない方向になってしまいました。

まとめると、「①のんびり車窓の風景を楽しめる鉄道が存在して欲しい。(ひなびた
駅舎も)」、「②プロ意識をもって、仕事をしていますか。」、「③マスコミといえども、
状況を把握し(空気を読み)取材していますか。」なことになります。


*2013年8月8日(木) 以下追記
福知山線の事故以来、利用者数は事故以前の一人勝ち状態から大阪から宝塚までの
区間において、阪急とどっこいどっこいの状態が続いているようです。
JRは、私鉄との競合区間は運賃を少し抑えていますが、区切りがどうなっているのか、
たとえば、JR尼崎駅からJR京都駅まで行くとき、通しでの料金より、JR大阪までの
切符を買い大阪駅で一旦改札を出、JR京都駅までの切符を買い改札を入るほうが、
料金が安いというおかしな状況になります。よほどの暇な人でない限り、こういう乗り方は
しないでしょうが…。「文句あるんやったら乗るなや」と言われそうです。
しかし、180円の差は、よい気分はしません。一般人の常識と、鉄道事業者の常識は違う
ようです。

170円(JR尼崎~JR大阪)+540円(JR大阪~JR京都)=710円
890円(JR尼崎~JR京都)

スポンサーサイト
地域ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示