08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

島の人(その1)

2013年11月26日
少し前の記事に、鹿児島県の島嶼部(とうしょ ぶ)、とりわけ徳之島や
種子島の島民の方々の風変りな意識というか、常識があることを書き
ました。現島民や出身者の方々にとっては、極めてムカつく内容だった
かもしれません。そう感じられた方々には、負け犬のクソッたれの
遠吠えと捉えていただき、ご容赦いただきたく存じます。ペコリ

鹿児島にいたとき、徳之島出身の徳田さん一族、徳洲会のことを度々
耳にした。
徳田虎雄さんの立身出世伝の書かれている小冊子が、鹿児島県じゅうの
学校に配布されていたことや、徳之島島内の(特に過去の)選挙運動の
すさまじさ、そして、国道226号線拡幅工事の件など話題が尽きない。

国道226号線のちょうど鹿児島赤十字病院のあたり、そこそこ長い距離
が拡幅されることになった。もちろん当初一般市民は計画があることは
知らない。
国道226号線のそばに徳洲会の施設が忽然と建設される。虎雄さんが
立場を利用したのか、何らかの手法で拡幅計画を事前に知ったことに
よるものだった。結局立ち退きをすることになり、高額な利益を得た。
口の悪い者は、バチが当って虎雄さんがALSになったと囁いている。
鹿児島に住む者は、「ああ島の人だから」とこそっと言うのだが、
結構要領がいい。人によっては、つかず離れずという感じで、徳洲会に
かかわっている。
夜回り先生の水谷修さんの講演会が鹿児島市内で行われた。もちろん、
徳田毅さんの宣伝も兼ねてのものだ。
わたくし夜回り先生の講演が聴きたくて、申し込み電話をかけてみた。
すると、開催日が迫っていたからか、すぐ地元秘書と申されるかたが
直接入場券お持ちくださった。
講演会の内容は、結構興味深く面白かった。途中、リストカッターの
話しになり、実際に周りにリスカがいてかかわったことがありますか
という聴衆への質問があったので、もちろんハーィと手を挙げた。
医療従事者ではないが、もちろん経験しないほうがいいのだろうが、
色々な人の生き様を見てきた。
エセ自殺志願者にはムカつく。不治の病で生きたいけど、叶わない、
徐々に迎える死への恐怖と、生きている間に何かをしたい、残したい
という人たちの心情を考えると、自分を見て欲しいと注目を引こうと
何度も死なない深さで手首を傷つけるリストカッターたちの利己主義は
同情出来ない。(そういう根性だから手首の傷跡が醜いんですよ。)
ほわーっと意識が徐々に遠のき、あの世とこの世の境目を越えられる
方法教えましょうかと一瞬言いたくなる。
同級生や、家族などに自殺者がいた者にとって、なぜ前触れ、シグナル
を見つけられなかったのか、なぜ愚痴をこぼしたりすなりして相談して
くれなかったんだろうと、自らを責めるのである。
ありゃりゃ、毎度のことながら話しが脱線してしまいました。ペコリ

さてさて、今話題の東京都知事と徳洲会のヤミ献金事件についてです。
昔ながらの現ナマのやり取りには、昔からかわらないねーと感心する。
世の中には暗黙の了解というのがある。本来なら借用書などは作成
しなくてもいいのだが、安全弁かわりに作ることもある。安全弁の
つもりが急な手入れで、借用書の出てくる場所によっては導火線になる。
だから、たいていは借用書は作らない。
じゃぁ、今回の知事の会見で出てきた借用書はと問われると、最近
作られたさかのぼった日付を記載したものの可能性があるとしか
言えない。知事が所有するとされる借用書、原本を指紋や紙、インク
の変化を科学鑑定すればおもしろい。
腹のすわった腹黒い政治家ならば、こういった場合5000万はもらいっ
ぱなしにする。変にケツの穴の小さい男だから、徳洲会の手入れが
はじまるとビビリ、もらったお金を借りていたことにして返金した。
たまたま、手入れのとき、返金された5000万円の包みが見つかって
しまった。
今の日本人は、腹切りのタイミングや仕方がわからない。
おそらく、東京都知事は辞任しないだろう。ケツの穴は小さくても
知事職への執着心はすさまじいから。。。
(「お母ちゃん、おいしい綿菓子がどんどん出てくるこの綿菓子機
手放したくないよー」)

徳洲会(徳田さん一族)にとって、事業展開するにあたっての許認可への
便宜を図ってもらうことに対しての5000万円は、仕入れ値(爆笑)として
破格の安さである。

あ、そうそう、徳田毅さんはいつ議員辞職するんだろう。
ああいう手法、何度も同じ手法で徳洲会の職員を使って選挙活動して
いたら、目立ち過ぎる。島では常識とされることの一部は、島以外では非常識
なことも多いと認識すべきである。
お天道様は、調子に乗り過ぎた者をしっかり見ていてお灸をすえるのである。
(たまに、うたた寝されていて、見逃されることもあるが。(爆))


*2013年11月27日(水) 以下追記
何か胡散臭い。
選挙違反ごときで特捜部というのが。。。
普通、今回のように鹿児島での違反容疑なら、鹿児島県警と地方検察がする
べきなのに。
本当か嘘か、真偽のほどはわからないが、徳田虎雄さんがへき地医療の充実や
病院になかなかかかれない弱者が医療を受けやすくするという考えのもとに、
既存の医師会などの既得権益と抗争して事業を拡大したとされる。
しかしながら、旧来の私腹を肥やす政治家や財界人たちのやり方と同じ手法に
なったのがまずかった。
もちろん選挙違反やヤミ献金はよくないが、何かから世間の目をそらすためか、
別のなんらかの意図をもっているような気がする。
官僚(もちろん警察、検察も含む)は、自らの利益のことしか考えない。
民主党末期の野田さんのように、役人どもに骨抜きにされ、操り人形となる
ことが過去から現在何度となく続く。
特定秘密保護法案の骨子を見ても、いかにも役人の作らしさがにじみ出て
滑稽だ。今の国会議員は、もっと勉強し、自ら条文を作れるくらいにならないと、
操り人形からは逃れられない。国民と国民から選ばれた政治家が、官僚、
中央地方含めてのすべての役人を監視、制御出来てこそまともな社会へ変わる
ことが可能になる。
今回の一連の徳洲会をめぐる騒動は、官僚どもの政治家への脅しのひとつ
なのかもしれない。

スポンサーサイト
うだうだ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示